SCORE CARDBACK NUMBER

シンデレラを支える23歳の“プリンス”。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2007/06/14 00:00

シンデレラを支える23歳の“プリンス”。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 この数年、メジャーでは予想外の躍進をみせるチームを“シンデレラ・チーム”と表現するようになっている。今シーズン、そう呼ぶのに最も相応しいのはブリュワーズだろう。激戦のナ・リーグ中地区にあって、5月29日現在、29勝23敗で2位カブスに5.5ゲーム差をつけて首位を快走中だ。'93年以来、勝率5割に乗せたのは一昨年の1シーズンだけで、あとは全て負け越し。ポストシーズンには'82年にリーグ優勝を果たしてから一度も出場したことがない。それだけに、この大健闘はセンセーショナルだ。

 さらに、その躍進をより衝撃的にしているのが、左右の大砲で17ホーマーのプリンス・フィルダー(23)と、15ホーマーのJJハーディ(24)である。とりわけメジャーフルシーズン2年目のフィルダーは、かつて阪神タイガースに在籍、その後、メジャーに復帰した途端に、2年連続ホームラン王に輝いたセシルの息子ということもあって注目が集まる。

「幼い頃からオヤジに連れられてクラブハウスにきていた。だから、ムードにも慣れていたし、選手たちがどんな準備をして試合に臨んでいるかも承知していた。まぁ、長いことメジャーリーガーになるためのインターンをやっていたようなものだ。そのお陰で自分の力を発揮するまで時間がかからなかったのだと思う」

 セシルが右打者、プリンスは左という違いはあるものの、パワフルなスイングはもちろん、183cm、117kgの体型は瓜二つ。12歳のとき、オヤジが所属していたタイガースの打撃練習に飛び入り参加、スタジアムの2階席にぶち込んだのはもはや伝説になっている。その天才児は大きな成長を遂げた昨年、いきなり28ホーマー、81打点をマーク、2つの部門で新人としての球団記録を作った。そして、今シーズンも躍進の原動力になる爆発的な打撃を披露。彼は『2年目のジンクス』とは無縁だ。

 またチームには今年、通算8回の首位打者に輝き、1月に殿堂入りしたトニー・グウィンの息子トニー(24)もメジャーに定着、早くも非凡さをみせている。

 シンデレラ・チームで存在感をみせる2人の超大物ジュニアは、チームを押し上げると同時に、前人未踏の父子ホームラン王、首位打者というでっかい夢も膨らませているに違いない。

ページトップ