SCORE CARDBACK NUMBER

ダルビッシュを支えた鎌倉健の心遣い。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph by

posted2005/07/07 00:00

 清原和博(巨人)が西武入団1年目の北陸遠征の時、一人ポツンとホテルで食事をしていた。行動をともにして騒がれるのを恐れた当時のナインが、食事に誘わなかったためだ。翌日の登板を控え外出していなかった東尾修は、それを見ていた。だから、監督になり、松坂大輔が入団して初めての遠征では、同級生の赤田将吾を一軍に上げるという配慮をした。大物ルーキーが遠征に出る場合、一、二度はともかく常に一緒に行動してくれる先輩はほとんどいない。ゆっくり過ごしたいというのが本音だからだ。

 高卒ルーキーでは松坂以来となる初登板初勝利をあげたダルビッシュ有(日ハム)は、6月の甲子園遠征から一軍に帯同した。そんな彼に「一人で寂しかろう」と声をかけたのが、2年先輩の鎌倉健。東北高卒のダルビッシュと同じ宮城県、仙台二高出身の江尻慎太郎とともに、もつ鍋に誘ったのである。喫煙発覚による謹慎や、右ヒザ関節炎で苦しんでいたダルビッシュにとってみれば、何よりも嬉しい誘いだったに違いない。後に「あれで仲間に入れた」と語っている。

 ダルビッシュに声をかけた鎌倉とは、今季3年目の期待の横手投げ。愛媛・川之江高のエースとして、'02年夏の甲子園でベスト4、国体では優勝に導いている。

 「甲子園に出る前と後では、地元の雰囲気が全然違った。お前みたいな全国区じゃないけど、甲子園ってすごいよな」

 ダルビッシュとは甲子園の話題に花が咲いた。話が盛り上がるうちに、先輩としての自覚が芽生えた。それで、鎌倉はこう言って胸を張った。

 「お前の初登板の前日、おれが広島をピシャリと抑えて楽にしてやるよ」

 それまでは、3試合続けて途中降板。今度打たれればローテーション落ちの危機の中、先輩風を吹かした手前、何としても頑張らねばと鎌倉は必死だった。6月14日、札幌ドームでの広島戦、8回途中まで投げ、4安打無失点で4勝目。後輩との約束を果した。

 プロ入り以来、体重を増やすため栄養バランスを考えてつけていた食事日記を、好漢・鎌倉はそっとダルビッシュに見せたという。195cmの長身で85kgの体重は細すぎると考えたからだ。「僕も刺激になっていい」と鎌倉は、後輩とともに飛躍することを望んでいる。

■関連リンク► ダルビッシュ有 「誰にもまねのできないしなやかな強靭さ」 (2008/3/18)
► ダルビッシュ株が高騰している理由。「僕は力で抑えるタイプではない」 (2006/3/9)

関連キーワード
ダルビッシュ有
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ