SCORE CARDBACK NUMBER

名実ともに日本のエース、福原愛、2年目の中国。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/05/25 00:00

 卓球では世界最高峰のレベルを誇る中国スーパーリーグが今年も5月20日に開幕する。昨年、遼寧省の一員として初めて同リーグに参戦した福原愛は、今季から広東省に移籍した。中国での生活に慣れたこともあり、いっそうの活躍が期待されている。

 4月末に行われた世界選手権団体戦で、日本は金メダルこそ逃したものの3大会連続の銅メダルを獲得。エースとして出場した福原は、練習では絶対に得られない「自信」という大きな収穫を手に帰国し、リーグの開幕を待ちわびている。

 世界選手権での福原は、1次リーグ初戦のロシア戦こそ1勝1敗だったが、2戦目の米国戦からは連戦連勝だった。準決勝の香港戦でも、第1試合で世界ランク12位の林菱に快勝。勢いに乗った日本は第2試合で金沢咲希が逆転負けしたものの、第3試合で福岡春菜が勝って23年ぶりの決勝進出に王手をかけるところまで進んだ。その後連敗したため惜しくも決勝進出はならなかったものの、福原個人の最終成績は8勝2敗。「まだまだ力が足りない」と本人は謙虚だが、成長した姿が目に付いたのは事実だ。得意のバックだけではなく、苦手のフォアでも積極的なプレーを見せ、ミスをしても次のプレーに影響することがほとんどなかった。これまで人気が先行してチーム内で孤立していた時期もあったが、今回は自分のプレーが終わったとたん、結果にかかわらず次の選手に駆け寄ってアドバイスするなど、エースとしての自覚も十分で、名実ともに中心選手になっていた。敵地の中国で毎日のように屈辱を味わわされ、何度も悔し涙を流してきたことは決してムダではなかった。

 福原効果なのか、ゴールデンタイムに中継されたテレビの視聴率は10%を超えたという。卓球としては異例の高さだ。視聴率のためにタレントを起用し、いい話も悪い話もすべてドラマ仕立てにしてしまう最近のやり方には賛成できないが、マイナー競技の今回に限っていえば、自分たちのプレーが日本中に流されているという意識が「恥ずかしいプレーは見せられない」という集中力を生み、選手たちのプラスアルファの力を引き出した。

 世界選手権で得た「自信」をスーパーリーグでどう生かすか。成長した福原の今季のプレーが楽しみだ。

関連キーワード
福原愛

ページトップ