SCORE CARDBACK NUMBER

回避されたF1分裂、
注目の合意内容。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/07/27 06:00

回避されたF1分裂、注目の合意内容。<Number Web> photograph by Getty Images

重装備で待機するレッドブルのピットクルーたち。来季から給油シーンは見られなくなる

 分裂は回避された。今後M・モズレーFIA会長とFOTA(F1チーム協会)の間で論争が再燃するかもしれないが、6月24日、パリで開かれた世界モータースポーツ評議会で基本合意に達した。'10年からF1は新たなガイドラインに則ってリスタートすることになる。

予算制限は条件付き撤回。レース中の給油も禁止に。

 FIAが打ち出した年間チーム予算制限(3月17日案は約46億円、4月30日修正案は約61億円)は撤回され、代わって「2年以内に参戦コストを'90年代前半レベルまで下げる」という文言が謳われている。数値目標は明らかにされず、今後どのように各チームが実行していくか難しい調整が必要だ。現在、400億円を超えるとも言われる予算を、約20年前のレベル(トップチームで推定150億円)まで削減するには、この制限枠に控除項目を設け、ドライバーの年俸などの人件費やマーケティング費用などは別枠にするしかない。そうした財務処理を合法的にうまくやる経理スタッフが脚光を浴びるF1になるかもしれない。

 技術規定に関しては「'09年をベースにした4月29日規定案」が採用され、FIA側が提起した予算制限チームと予算外チームで異なるルールが適用されることはなくなった。この'09年一部変更規定で注目すべき点は、モズレー会長が'94年に復活させたレース中の給油が再び禁止に戻されたことだ。予選は空に近いタンクで全力アタック、決勝は満タンでスタートしてペースキープといったそれぞれのスキルがドライバーに求められる。もちろんタイヤ交換はあるが、ピット作業は以前の4秒台まで短縮される。給油時の混乱はなくなり、安全性は高まり、“エコ”でもあるわけだ。

モズレー会長はすんなりと身を引くのか?

 13チームがエントリー、フルグリッド26台になるのは、ファンにとって喜ばしいことだろう。新規参入のカンポス・メタ、マノーGP、USF1を加え、'95年以来の13チームとなれば、当然、佐藤琢磨ら“浪人中”のベテランドライバーや新人にシート獲得のチャンスが増す。

 モズレー現会長が10月のFIA会長選挙に出馬しない申し合わせ事項が添えられたものの、評議会直後に彼はさっそく反論を唱え、院政を敷くかのような態度を示唆した。4期16年にわたって権力を握ってきた彼は、最後の最後まで影響力を誇示したいようである。

■関連コラム► 激動のF1業界、ついに決着す。~エクレストンが渡した引導~ (2009年6月29日)
► 佐藤琢磨がトロロッソと契約に到らなかった深層。 (2009年2月26日)

関連キーワード
マックス・モズレー

ページトップ