SCORE CARDBACK NUMBER

英国馬に注目のJCで
ウオッカは勝利を掴めるか。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/11/27 06:00

英国馬に注目のJCでウオッカは勝利を掴めるか。<Number Web> photograph by Getty Images

 大統領が毎年欠かさず表彰式にやってくる、シンガポール・ゴールドカップ(クランジ競馬場、芝2200m、GI)を日本産馬エルドラド(セン5歳、父ステイゴールド)が制勝した。同馬は'06年のひだかトレーニングセールで525万円という安価で取り引きされた馬で、オーナーも調教師も日本人。9割がオセアニア産という同国の競馬事情のなかで強烈な存在感を示した。

 エルドラドは昨年もこのレースを勝っているが、その後1年間は鳴かず飛ばず。普段は短距離からせいぜいマイルで争われる同国のシステムの中で苦戦を強いられていたが、年に一度のビッグレース(総賞金135万シンガポールドル=邦貨約9000万円)だけは急に2200mに距離が延びることで、ステイゴールドの血から授かった底力がうずいたのだろう。小さな限られた地域での競馬ではあるが、それを見て日本の馬産は意外に中長距離志向だったのかと気づかされた。と同時に南半球産馬が日本の短距離GIで強さを発揮する理由もよくわかった。

鞍上ルメールのウオッカは、ジャパンカップで蘇るか?

 今週は東京競馬場の芝2400mという世界に誇れる舞台で、ジャパンカップ(29日、国際GI)が開催される。数えて29回目。このレースの創設によってファンの目が海外の競馬にも向き、頻繁とは言えないまでも国際交流が行われて、ニッポン競馬の世界におけるポジションを意識できるようになったことの意義深さを疑う余地はない。今年も好レースを期待したい。

 2400mは欧州の馬たちが最も得意としているテリトリーだ。そういう意味でも主役は英国のコンデュイット(牡4歳)。父はダラカニ、母の父はサドラーズウェルズだから、重苦しいぐらいに手厚い血筋の持ち主だが、ブリーダーズカップ・ターフ(サンタアニタ競馬場、芝2400m)を速い時計で勝っているのだから心配には及ばない。今年のメンバーでは1頭抜けた実績の持ち主だし、このあとは日本で種牡馬になることも決まっているだけに恥ずかしい競馬はできない。

 日本馬では、やはりウオッカが代表格だが、武豊からルメールへの非情とも言える乗り替わりが果たして吉と出るのかどうか。スクリーンヒーロー、レッドディザイア、オウケンブルースリと、脇役も豪華だ。

■関連リンク► ウオッカvs.ダイワスカーレット、どっちが強い? (言わせろ!ナンバー 結果レポート)
► 引退しても終わらない、競走馬たちの第二の競争。 (09/10/14)

関連キーワード
エルドラド
コンデュイット
ウオッカ
ジャパンカップ

ページトップ