SCORE CARDBACK NUMBER

若きトップ選手の引退が
相次ぐのはなぜか。
~長期テニスツアーの過酷さ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/09/09 06:00

若きトップ選手の引退が相次ぐのはなぜか。~長期テニスツアーの過酷さ~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

クライシュテルスは、'07年全豪ベスト4の4カ月後に引退。2年ぶりの復帰は吉と出るか

 元世界ランク1位で、杉山愛のダブルスパートナーも務めたキム・クライシュテルス(ベルギー)が、2年ぶりにツアー復帰した。「興奮したわ。この日のために長い間、練習してきたんですもの」と語ったクライシュテルス。復帰戦となった米国シンシナティ大会で全仏覇者のスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を撃破するなど、26歳になってもその力強さは健在だ。

若きトップ選手が相次いで引退する理由。

 看板選手のカムバックは朗報だが、それにしても、このクライシュテルスといい、昨年、25歳でツアーを引退したジュスティーヌ・エナン(ベルギー)といい、なぜトップ選手が若くして引退に追い込まれるケースが相次いだのか。2年前、自身のウェブサイトで引退を発表した際、クライシュテルスはこう書いている。

「飛行機で移動し、時差に悩まされ、荷作りしてはすぐにそれを解いて、というような生活を終わりにしたかった」

 電撃的な引退だったが、彼女の父親はその数年前から「ツアーの過酷なスケジュールに耐えられるのは、せいぜいあと2、3年」と話し、娘の20代前半での引退を予告していた。毎週、試合と移動の繰り返し。その合間には激しいトレーニング。サッカーでベルギー代表を務めた父親でさえ、そんな女子ツアーの日常を過酷と感じていたのだろう。

ランキングを維持するために身を削る選手たち。

 女子の世界ランクは、過去1年間に出場した大会のうち成績上位の16大会の獲得ポイントを加算してはじき出す。取りこぼしを補う必要もあるため、多くの選手が年間25大会前後、出場する。なかには30を超える選手もいる。馬車馬のように試合をこなし、やっとランキングが維持できるシステムなのだ。しかも、フィジカル重視の傾向が年々強まっているため、試合とトレーニングで、文字通り、身を削りながら戦っているというのが女子ツアーの現状だ。

 ツアーを運営するWTAも手をこまねいているわけではない。選手の健康に配慮したツアー改革が今年からスタートした。オフシーズンは2週間長くなり、トップ選手の出場義務大会数は13から10に減った。だが、この程度では改革も焼け石に水となりそうだ。若くて心身ともエネルギーに満ちあふれていた選手たちが、徐々に疲弊していく。女子ツアーは、そんな負の側面をかかえたままなのだ。

■関連コラム► 女王エナンはなぜ今、引退を決断したのか。 (2008年6月12日)
► 女子ジャパンオープンがツアーから姿を消す理由。 (2008年4月17日)

関連キーワード
キム・クライシュテルス
杉山愛
ジュスティーヌ・エナン

ページトップ