SCORE CARDBACK NUMBER

秋の名勝負に水を差した、
審議の末の思わぬ結末。
~ブエナビスタ降着に異議あり~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2009/11/04 06:00

秋の名勝負に水を差した、審議の末の思わぬ結末。~ブエナビスタ降着に異議あり~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

鼻差でレッドディザイア(写真奥)に負けたブエナビスタ。降着は関係者も当惑していた

 永く歴史に残るはずの名勝負に、あろうことか主催者側が水を差して後味を悪くしてしまった。秋華賞、ブエナビスタの降着「事件」である。

 舞台となった京都の内回り2000mは、1コーナーまでの距離が短いため、そこで後手を踏んで外を回されるのは致命傷になりかねない。どのレースでも大外をブン回って直線の豪脚だけでねじ伏せて勝ってきたブエナビスタでも、今回だけはそのコース特性を考慮して中団馬群の内というポジションにつけた。これは、レッドディザイアを手強いライバルと認めた証拠でもあったろう。

大本命同士の一騎打ちにファンは喝采を送ったが……。

「自分の競馬をするだけ」とあえてブエナビスタを意識しない作戦を語っていたレッドディザイアの四位洋文騎手だったが、蓋を開けてみれば相手をしっかり観察しての競馬。常に宿敵の2~3馬身前を進みながら、五感を集中させて気配を探っているのが伝わってきてゾクゾクした。安藤勝己騎手ももちろん同様。まさに真剣での斬り合いである。

 最終コーナー、ブエナビスタの周辺がざわついたタイミングを見逃さずに四位のレッドディザイアが全速でスパートをかけた。相手がアクセルを踏み遅れたこともあって一瞬でセーフティとも思えるほどの差が広がったが、そこからの巻き返しの脚はブエナビスタならではの大迫力。松永幹夫調教師が「心臓が止まるかと思った」と、しばらくはまともに息ができなくなっていたほどで、肉眼ではどっちが勝ったかわからない、際どい鼻差まで迫られた。どっちが勝っていてもいい、このシーンが見たかった、がファンの気持ち。どよめきの大きさがわき上がる感動をそのまま表していた。

ブエナビスタ降着は「KYな裁決」だ!

「審議」のランプは点いていたものの何事もなく確定するものと思われていたが、なんとブエナビスタに走行妨害があったとして降着の裁決。最終コーナーのざわめきの唯一の加害者と認定されてしまったのだ。ブロードストリートが被ったロスは確かに小さいものではなかったが、あそこはどの馬も出て行く場所を探って動き出す場面。ブエナビスタだけが著しくわがままな動きをしているようには見えなかっただけに、2頭の組み合わせに2.4倍の圧倒的な支持をしたファンの気持ちを踏みにじる必要があったのか。あえて、KYな裁決と言わせてもらう。

■秋競馬・名勝負列伝► ウオッカvs.ダイワスカーレット 1分57秒2+13分の伝説。(09/10/08)
► 中舘英二が語る、ヒシアマゾン×ナリタブライアン。 (09/10/09)

関連キーワード
レッドディザイア
松永幹夫
ブエナビスタ
安藤勝己
秋華賞

ページトップ