SCORE CARDBACK NUMBER

北京を目指すニッポンに立ちふさがる最大の敵。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/10/27 00:00

 周囲は早くも初冬の気配だ。11月からはいよいよスキーやスケートのW杯も始まる。日本のスポーツ界が、一気に来年2月にあるトリノ冬季五輪モードへと突入するが、その前に今年の夏季競技を総括しておきたい。

 陸上、水泳、柔道、そしてレスリングなどメーン競技は世界選手権が行われ、アテネ五輪の勢いを引き継いだ日本勢が各種目で活躍した。3年後の北京五輪へ向けての展望は明るそうだが、油断はできない。なぜなら、開催国となる中国も着々と力をつけているからだ。

 中国の脅威が一番如実に表れたのは、10月初めに行われたレスリングの世界選手権(ブダペスト)だった。日本の女子は7階級中4階級を制し、前回大会の金5には及ばなかったものの、メダルの総数では1つ増加と、アテネ五輪後も世界のトップに君臨していることを証明した。だが、同時にライバルの中国も金2、銀2、銅1と合計5個のメダルを獲得。直接日本と中国が対戦した5階級の成績は日本の3勝2敗だったものの、日本チームの首脳陣に笑顔はなかった。栄和人監督も「これからは危機感を持ってやらないといけない」と表情を引き締めるほど、中国の急成長は目を引いたからだ。

 中国の女子レスリングの歴史は'80年代に始まり、開催地に立候補した2000年の五輪を目標に強化が進められた。その時は結局招致合戦で敗れ、レスリングだけでなく中国のスポーツ界全体が一時低迷したが、2008年の開催が決まり、再び強化が急ピッチで進められている。

 中国の最大の武器は「層の厚さ」に尽きるだろう。13億の人口を抱え、北京や上海などの都市部のみならず、地方からも続々と有力選手が生まれてきている。すでに欧米各国やロシアなどでは国家が直接選手を育成する時代は終わったが、中国にとって今度の五輪はまさに国威発揚の場だ。文字通り国を挙げて選手強化に取り組んでいる。巨大な選手強化システムがフル稼働すれば、あと3年で日本に追いつき、追い越すことはそう難しいことではないだろう。

 同様のことは他の競技にも当てはまる。日中関係もあり、日本との試合には選手も観客も敵意むき出しで向かってくるだろう。それに負けないタフな精神力を身につけない限り、北京での躍進はない。

ページトップ