SCORE CARDBACK NUMBER

ベトナムと日本が描く奇妙な相似形。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2007/08/09 00:00

ベトナムと日本が描く奇妙な相似形。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 初の4カ国共催となった、今回のアジアカップ。ホスト国のなかでは、唯一ベトナムが準々決勝に進出した。大会前のFIFAランクが142位だったベトナムにとっては、歴史的快挙である。

 ベトナムのサッカーには、以前から好感を持っていた。この2年ほどの間でも、U―16、U―19、U―23、そしてA代表の試合を見ているが、世代を問わず、いつもおもしろいサッカーを見せてくれる。

 体は小さいけれど、動きが俊敏で、テクニックがある。テンポよくパスをつなぎながらも、時折トリッキーなプレーも好んで用いる。そんなサッカーがベトナムの特徴だ。今大会のグループリーグで日本と対戦したときもそうだった。特定の個人能力には頼れないから、全員がしっかり走って、パスをつないで攻めてくる。前半なかばあたりは、完全にベトナム・ペースになっていた。

 とはいえ、勝負となると、どうだったか。ラッキーなオウンゴールで先制までしたのに、最終的には大会2連覇中の日本にねじ伏せられた。ベトナムのサッカーは称賛されていい。中盤の構成は見事だった。だが、アジア王者の視点に立てば、それほど怖くはなかったのである。

 そこで、ふと気がついた。これはまるで、日本のことを言っているようではないか、と。前記したベトナムの特徴はそっくりそのまま、世界から見た日本のそれに置き換えられる。

 中盤ではよくパスが回るものの、最終ラインは突破できず、なかなかゴール前の決定的な場面にはつながらない。加えて、ドリブルでの仕掛けや、ミドルシュートにも乏しい。相手がブラジルやフランスならば、「つながせておけば、怖くない」といったところだろう。

 それは対世界どころか、今回のアジアカップでさえ、感じたことだ。

 「今はまだ無理に仕掛けるのではなく、より確実につなぐことを優先している」

 中村俊輔は、オシムサッカーが発展途上ゆえのことだと強調するが、淡々とパスワークを見せ続けるサッカーには、やはり物足りなさを覚えてしまう。

 ベトナムは間違いなく、いいサッカーをしていた。なのに、なぜ怖くはなかったのか。何があれば、怖かったのか。

 日本は、そこに己の姿を映して考えてみる必要がある。

ページトップ