SCORE CARDBACK NUMBER

近くて遠い500HR。マグリフの苦悩は続く。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2004/08/12 00:00

近くて遠い500HR。マグリフの苦悩は続く。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 「達成することの意味? それはまだ、ここにしまっておくよ」と、フレッド・マグリフは、左手の人差し指で自分の胸を軽く叩いた。通算500号ホーマーまであと7本。創設以来約1万6000人の選手がプレーしてきたメジャーリーグ。その中でわずか20人しか達成していない大記録。デビルレイズの広報はその日のために手回しよく、1号からの対戦投手などのデータを記した15ページの資料集を配布していた。だが、マグリフ本人の表情は冴えなかった。

 前半戦最後の遠征先ニューヨークは、同時に最後のデビルレイズのユニフォーム姿にもなってしまった。後半戦が始まって直後の戦力外通告。あのときのマグリフには暗い予感があったのかもしれない。台頭するヤングパワーと、40歳という年齢からくる衰え。すでに球団初の最下位脱出を確実なものにし、さらにその勢いで勝率5割達成を狙うチームにとって優先されるべきは、引退の花道を飾る栄光よりも、未来に輝く栄光なのだ。

 ヒューストンで開催されたオールスターゲーム。その前日、755本の通算最多ホームラン記録を持つハンク・アーロンから今年仲間入りを果たしたケン・グリフィー Jr・まで、500号ホーマーを放った現存の14人のスラッガーたちが一堂に会した。

 「こんなに名誉なことはない」と、バリー・ボンズは子供のような表情をみせ、瞳をキラキラと輝かせた。いや、ボンズだけでなく、集まった全員がそうみえた。ずっと記憶にとどめておきたい美しい光景だった。

 マグリフもメンバーのひとりとして、あの晴れやかな舞台に立っていられたのかもしれなかった。昨年、500号まで22本として迎えたドジャースでのシーズン。年齢を感じさせない豪快なスイングで2年連続30ホーマー以上を放っていただけに、大記録達成は確実とみられていた。しかし膝と足の付け根の故障に悩まされ、自己最低の13ホーマー。

 デビルレイズとはマイナー契約。5月にやっと昇格したものの、打率は1割台に低迷、ホームランはたったの2本しか打てなかった。もし、故障に泣かされなかったら……。

 混戦が続く現状からみて、マグリフが再びユニフォームを着る可能性は極めて低い。彼が誇らしげに500ホーマーの意味を語る日を待ちたいのだが。

ページトップ