SCORE CARDBACK NUMBER

「出る出る出島」が、
苦しみの現役から引退。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/09/02 06:00

「出る出る出島」が、苦しみの現役から引退。<Number Web> photograph by KYODO

元大関で48場所は史上最長。その色白ぶりに、故鈴木その子から懸賞を出されたこともある

 名古屋場所11日目、熾烈を極めた優勝争いの陰で、「出る出る出島」の愛称で親しまれた元大関・出島が現役引退、年寄大鳴戸襲名を表明した。

万雷の出島コールが後押しした大関昇進。

 13年半に及ぶ出島の現役生活で、今も記憶に鮮明に残っているのが、10年前の名古屋場所千秋楽である。当時25歳、関脇だった出島は、名古屋の大空にどでかい花火を打ち上げた。7日目に横綱曙を豪快な掬い投げで裏返し。9日目の横綱貴乃花は、怒涛のハズ押しで尻餅をつかせる。出島の突進は、結氷を砕いて航路を開く砕氷船そのものだった。2横綱に土をつけた勢いは、千秋楽の優勝決定戦で集大成を迎えた。会場の愛知県体育館には出島の初優勝を後押ししようと、地元金沢から大応援団が駆けつけた。決戦を前に、そこを起点として会場全体に沸き上がった出島コールと手拍子は、相撲見物では異例中の異例だった。

 観衆と一体化した出島は、対戦相手の曙を完全に呑み込んだ。曙の張り差しをとっさに見切って、左からのいなし。バランスを崩した曙を砕氷船が粉砕した瞬間、会場は興奮のるつぼと化した。三賞を独占しての初優勝で大関昇進を果たし、旗手に雅山を従えて優勝パレードに臨んだ。満面の笑みでファンの祝福に応えた姿は、まさに千両役者だった。

大関陥落後も「力のもののふ」を体現しつづけた。

 大関まではとんとん拍子で出世したが、ここから出島の苦悩が始まった。度重なる故障と蜂窩織炎による高熱が繰り返し出島を襲い、わずか2年で大関から陥落。その後の8年間48場所は、ほとんど平幕(三役は4場所)だった。

 大関陥落後は、元大関という肩書きを背負いながらの苦しい相撲の連続。しかし、出島はその中でも「出る出る出島」と呼ばれたとおり、立合いのぶちかましからの出足相撲をひたむきに取り続けた。大関伝達式の口上で「力のもののふ」を目指すと語った出島だが、迷うことなく立合いの一瞬の激突、力比べに懸けるその姿は、紛れもなく今の時代に甦ったもののふだった。

 他の力士に比べ、きめ細かく白い肌の持ち主だった出島。仕切りを重ねるにつれ、肌が朱に染まっていくさまは実に美しかった。

 今後は出島も、出足を止め腰を据えての親方稼業となる。そのもののふ魂を多くの力士に伝えて欲しい。

■関連コラム► 大関陣の不甲斐なさを示す意外な数字。~カド番・千代大海らの罪~(2009年5月22日)
► ファンを取り戻すため日本人勢に期待すること。 (2009年1月16日)

関連キーワード
出島

ページトップ