SCORE CARDBACK NUMBER

スピードスケート、ベテラン2人の明暗。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2006/01/12 00:00

スピードスケート、ベテラン2人の明暗。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 トリノ五輪までいよいよ残り1カ月半となった。各競技で続々と新鋭が名乗りをあげているが、ベテラン勢も頑張っている。その代表格が女子スピードスケートの岡崎朋美(富士急)だ。12月9日からトリノの本番会場で行われたW杯女子500mで、岡崎は2位と3位に食い込んで順調な仕上がりをアピール、完全復活を印象づけた。

 '98年の長野五輪で銅メダルを獲得し、さわやかな笑顔で一躍国民的アイドルとなった。しかしその後は椎間板ヘルニアに悩まされ、'00年4月には手術も余儀なくされた。スポーツ選手の命ともいえる腰にメスを入れたのだから、本人にも相当の苦悩があったはずだが、今でも岡崎は「あの時は、朝起きたら痛みで起きあがることすらできなかったんですよ。悩むも何も、痛みで目が覚めて5分後にはもう手術を受けようと決めていました」とあっけらかんと話す。人生最大のピンチにも「手術したからダメになるとは限らない。何でもやってみなくちゃ分からないんだから」と考える前向きさが岡崎の最大の武器だ。前回のソルトレークシティーでは、ベストにはほど遠い状態ながら6位入賞。昨季のW杯カルガリー大会で5季ぶりの優勝を飾り、今季もここまでは順調にきている。「トリノは今までの競技生活の集大成。最高の滑りをしたい」という34歳のベテランが、本番でどんな滑りを見せてくれるのだろうか。

 同じ長野のメダリストでも、清水宏保(NEC)の方は苦戦が続いている。岡崎が表彰台に上がったトリノ大会では10、15位と惨敗。低迷脱出の見通しはいまだにたっていない。すでに昨季のうちに五輪代表に内定している清水は今の段階でベストに仕上げる必要はなく、その意味では「不調」と言うのは早計かもしれない。しかし、これまでの清水ならたとえ調整段階であっても表彰台に近い位置にはつけていた。「何でもやってみなくちゃわからない」という岡崎に対し、清水は常に計算しつくされたトレーニングとレース運びで世界の頂点に君臨してきた。その分、計算外の事態が起こると修正するのに時間がかかってしまう。今はまさにその状態だと思うが、本番はまだ1カ月半も先、十分とは言えないがやり直す時間はある。今こそ金メダルの経験を生かす時だ。

ページトップ