SCORE CARDBACK NUMBER

“忘れられた存在”だった
ナゲッツ&カメロの快進撃。
~NBA序盤で大番狂わせ発生!~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2009/11/17 06:00

“忘れられた存在”だったナゲッツ&カメロの快進撃。~NBA序盤で大番狂わせ発生!~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

カメロは昨季、NBAタイ記録の1Q33得点を達成するなど、リーグ屈指の爆発力を誇る

 開幕までは、まるで世間から忘れ去られたチームだった。昨季の西カンファレンス2位、デンバー・ナゲッツのことだ。カンファレンス・ファイナルでも互角の戦いでロサンゼルス・レイカーズを苦しめてエリートチームの仲間入りをしたかのようにみえた。だが、今季の開幕前シーズン予想では、NBA各チームのゼネラルマネージャー・アンケートでも、誰一人としてリーグ優勝どころか西カンファレンス首位候補にもナゲッツの名前をあげていなかったのだ。

 夏の間に中心選手が去ったわけでも、チームが崩壊したわけでもなかった。コーチも選手もほとんど変わらず、ほぼ同じ戦力でシーズンを迎えたのに、評価は低かった。東西のトップ5チーム(マジック、セルティックス、キャブス、レイカーズ、スパーズ)がどこも大型補強で戦力アップを図ってきたことで、相対的にナゲッツに対する評価が下がってしまったのだ。

「変化が必ずしもいいとは限らない」

 そんな世間の声に対してナゲッツのジョージ・カール・ヘッドコーチは「変化が必ずしもいいとは限らない」と反論する。「レイカーズとの差は大きくない。継続性があり、ひとつになって戦ってきたリズムがあるのがうちの強みだ」

 そして、その言葉を証明するかのように開幕から4連勝。主力の一人、J・R・スミスが出場停止中であることを忘れさせる好スタートで、開幕早々に取りこぼして黒星を喫したライバルのレイカーズ、スパーズに一歩リードを取った。

ノーマークのカメロも大活躍でMVP候補に。

 チームがそうだったようにナゲッツのエース、カメロ・アンソニーも開幕までは世間から忘れられた存在だった。MVP予想ではアンソニーの名前は誰一人としてあげていなかったのだ。

 アンソニー自身は「過去のどのシーズンより調子よく開幕に入ることができた」と言う。実際に開幕から3試合の平均37.7点、7リバウンド、4.3アシストの活躍で評価もうなぎのぼり。開幕週の西カンファレンス週間最優秀選手に選ばれ、シーズンMVP候補に彼を推す声も増えてきた。

 とはいえ、優勝を狙うナゲッツにとって個人賞は二の次。「やるべきことをしてチームが勝てば評価はついてくる」とアンソニー。「先にあるのはただひとつ、金色のボール(優勝トロフィー)だけだ」

■関連コラム► カメロが追いかける“兄貴分”のたどった道。 (09/06/05)
► “新アンソニー”が誓う、キャッチフレーズの返上。 (07/12/13)

関連キーワード
カメロ・アンソニー
デンバー・ナゲッツ
NBA

ページトップ