SCORE CARDBACK NUMBER

Wユースを席巻したアフリカ勢の進化。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMichi Ishijima

posted2005/07/21 00:00

Wユースを席巻したアフリカ勢の進化。<Number Web> photograph by Michi Ishijima

 ワールドユース決勝は衝撃的だった。これまで何度もユース年代のアルゼンチンを見てきたが、これほど攻守の切り替えで劣勢に立たされた試合は記憶にない。アルゼンチンは勝った。だが、幸運な判定(2本のPK)がなければ、勝負はどうなっていたかわからない。

 アルゼンチンはワールドユース近6大会で優勝4回を誇るが、ブラジルほど、個々人の技術が際立っているわけではない。むしろ特長は、戦術的規律とハードワーク。それらがチーム全体に行き届いているからこそ、勝負強い。なかでも目立つのが、攻→守→攻の切り替えの速さである。ボールを奪われた瞬間から、守備に移り、簡単にパスをつながせない。サビオラやテベスでさえも、それをサボることはなかった。そして、すぐに奪い返せれば、相手が守備から攻撃に意識が切り替わった間隙を一気に突くこともできる。このクロスカウンターこそが、アルゼンチン最大の武器なのである。

 ところがこの試合、攻撃ではアルゼンチンの切り替えの速い守備をかいくぐり、逆に奪われた瞬間、高い位置からプレッシャーをかけていったのは、ナイジェリアだった。自由奔放な爆発力で、相手をねじ伏せる。そんなイメージのナイジェリアが、戦術的規律を要する攻守の切り替えで、本家を圧倒したのである。

 実は2年前、U―20、U―17の両世界大会で、アフリカ勢はベスト8にさえ、1カ国も残れていない。特に西アフリカを中心とするブラック・アフリカンは育成年代において、明らかに過渡期にあった。戦術的には洗練され、秩序立てようとする努力は見えるものの、それと反比例するように、爆発力は影を潜めた。

 だが、それからわずかに2年。ナイジェリアに限らず、日本と対戦したベナンにしても、テンポよく、少ないボールタッチでパスを動かし、勝負どころでは持ち前のスピードを生かしたドリブルで、効果的に仕掛ける。そんな攻撃が目に付いた。彼らは規律や秩序のなかで、高い身体能力を要所に生かすようになっていた。戦術的なベースが他国と肩を並べるようになった今、爆発力は相対的に目立たなくなっているにすぎない。

 2010年、アフリカ大陸で初めて開催されるW杯に向け、育成年代では今、アフリカ勢が驚くべき成長を遂げている。

ページトップ