SCORE CARDBACK NUMBER

世界にアピールできるか好転機を迎えた青木剛。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2008/08/27 00:00

 '00年アジアユース選手権でU―19代表を視察した当時のA代表監督、フィリップ・トゥルシエは、ひとりの選手を名指しで絶賛した。もしかすると、同世代のなかで一番初めにA代表に近づいたのは、彼だったと言えるのかもしれない。それが当時、前橋育英高3年の青木剛だった。

 今でこそ、守備の人のイメージがある青木だが、当時はボランチの位置から鋭いスルーパスを連発し、攻撃をもリードするなど、その存在は際立っていた。

 青木の才能に魅せられたのは、トゥルシエだけではない。アテネ五輪代表の立ち上げ当初、監督の山本昌邦は、人材が不足していたリベロに青木を抜擢した。1対1での守備や空中戦の強さに加え、最終ラインからでも正確にロングフィードできることが、その理由だった。

 しかし、である。実際には、トゥルシエは一度も青木を呼ぶことはなかったし、山本も最終的には彼を外した。魅力的な才能ではあったが、青木にはそれを生かしきるための何かが欠けていた。

 プロ入り5年目の'05年、ようやく鹿島でポジションをつかんでもなお、青木は覚醒しきれなかった。チームはシーズン途中まで首位を走りながら、次第に後退。青木はレギュラーとして試合を迎える充実感を味わいながらも、優勝を逸した責任も強く感じていた。

 だからこそ、昨年が大きなターニングポイントとなった。レギュラー3年目にしてJ1優勝。初めて自分の手でタイトルをつかんだことが、それまで足りなかったピースを埋めてくれた。

 「優勝できたことが大きかった。自信をつかんだし、そこで変われたと思う」

 そんな青木が、W杯最終予選を前に新戦力発掘を狙った、A代表候補合宿に初招集された。「昔だったら、気おくれしちゃうような場所」だったが、「鹿島でやってることが評価されたんだから」と、いつも通りを心がけた。チャンピオンチームのレギュラーボランチであるという自信が、彼を堂々とプレーさせた。

 かつて年代別代表時代は、大舞台で重大なミスを犯したこともある。だが、彼の能力の高さを知るからこそ、このままで終わる器ではない、と思っていた。

 未完の大器、ついに覚醒す。そう確信できる日が来るのを、楽しみにしている。

関連キーワード
青木剛
鹿島アントラーズ

ページトップ