SCORE CARDBACK NUMBER

PRIDE王者の慢心か、五味隆典まさかの敗北。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2006/04/20 00:00

PRIDE王者の慢心か、五味隆典まさかの敗北。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 ありえないことが起こってしまった。まさかとしかいいようがない。PRIDE武士道の'06年第1戦(4月2日・東京)で、PRIDEでデビューして以来、10連勝をマーク、昨年大晦日には日本人初のPRIDE王者になった“天下無双の火の玉ボーイ”五味隆典(木口道場レスリング教室)が、“伏兵”マーカス・アウレリオ(ブラジル)の肩固めの前にPRIDE初黒星を喫してしまった。しかも、プロデビュー以来、極め技一本負けを喫したのは今回が初めて。ノンタイトル戦とはいえ、ファンや関係者に与えたショックは大きい。

 決戦5日前の公開練習で五味は“燃え尽き症候群”を口にしていたが、その不安は現実のものになってしまった。もともと五味は高いモチベーションを燃焼させながら練習して試合に臨むタイプ。PRIDEライト級王座を目指しているまでは良かったが、その頂きに登頂してしまった現在、ポッカリと心の中に穴が空いてしまった。燃やすものがなかったら、中身の伴った練習などできるわけがない。「頭ではわかっていても、体がついていかなかった」という試合後のコメントが全てを物語っている。

 そんな絶対王者の心の隙間を見透かしたかのように、アウレリオが徹底的に五味の動きを研究してきたことも見逃せない。五味が左フックを狙ってくると、待っていましたとばかりに高速タックルへ。そのままテイクダウンを奪ったシーンは、お見事というしかなかった。対策を練っていなければ、とてもあんなスムーズに五味の懐に入ることはできない。

 以前から「五味は寝技で上のポジションを奪われることが弱点なのでは?」といわれていたが、それが証明された恰好だ。今後、五味と闘う者は打ち合いを避け、アウレリオ同様テイクダウンを狙ってくるだろう。強者の弱点ほど、魅力的に映るものはない。

 五味は長期休養を口にしているが、アウレリオへの雪辱という目標ができた現在、眠りかけたモチベーションを高めることは難しくない。それに、まだ27歳。“黒こげオヤジ”になる年齢ではない。過去10戦、噛ませ犬と絡むことなく強豪ばかりを打ち倒してきた中量級の英雄を誰が責められようか。火の玉の芯に油(闘志)をしみ込ませる時間が欲しい。

関連キーワード
五味隆典
PRIDE

ページトップ