SCORE CARDBACK NUMBER

フィリーズを牽引する
193cmの長身左腕。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2007/08/09 00:00

フィリーズを牽引する193cmの長身左腕。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 今シーズンは40歳代の超ベテランの活躍が目立つ一方で、将来のメジャーを背負うことを期待される若手の台頭も目を引く。その傾向は先発投手に特に顕著で、先ごろ開催されたオールスターゲームの先発陣からは常連が姿を消し、40歳のジョン・スモルツ(故障辞退)以外、全員が20歳代だった。しかも初出場は11人中6人。世代交代の波は確実に訪れているとみていいだろう。

 その代表格のひとりが、23歳のコール・ハメルズ(フィリーズ)だ。

 「昨年は1年目なのにビッグゲームで投げさせてもらえて、実にいい経験になった。それが結果につながっていると思う」と、メリハリの利いた口調でハメルズはいう。すでに昨年の勝ち星を2つ上回る11勝(7月23日現在)をマークし、早くもエースの風格を漂わせている。球団はこの逸材に、殿堂入りの300勝左腕、スティーブ・カールトン以来25年ぶりとなる20勝投手への期待を寄せる。カールトンは高速スライダーで打者を沈黙させたが、ハメルズの場合はサークル・チェンジアップで三振の山を築く。129奪三振は現在ナ・リーグ2位である。

 「リトルリーグから投手。小さい頃は両親に褒めてもらいたくて、思春期には女の子にモテたくて、高校時代はスカウトの注目を集めたくて野球をやってきた。チェンジアップを投げるようになったのは、憧れていた地元パドレスのトレバー・ホフマンが投げていたから。それで、高校時代にコーチから教えてもらった」

 当初はワンバウンドばかり。しかし練習を積み重ねていくうちに、徐々に自分のものにし、2002年のドラフトで1巡、全米17番目で指名された。

 「球場にいくことはさほど多くはなかったけれど、テレビ中継は欠かさず観て、トレバーの投げ方の研究をしていた。彼とは左と右の違いはあるが、イメージトレーニングとして最高の教材だった」

 実際に会うとアスリートの汗を感じさせない。ジャイアンツのバリー・ジートによく似たタイプだ。

 「彼のよさは若いのに冷静で、アップダウンがとても少ないことだ。今後に限りない可能性を感じるよ」と、チャーリー・マニエル監督は眼を細める。

 このまま成長すれば、メジャーのエースと呼ばれる日が来るかもしれない。

■関連コラム► フィリーズを率いる“赤鬼”。 (2007年8月16日)
► バリー・ジートの「アホウドリ」契約。 (2007年1月9日)

関連キーワード
フィラデルフィア・フィリーズ

ページトップ