SCORE CARDBACK NUMBER

大久保嘉人は「剛」の中に見事に「柔」を採り入れた。 

text by

永井洋一

永井洋一Yoichi Nagai

PROFILE

posted2005/02/03 00:00

 リーガ・エスパニョーラ、マジョルカに移籍した大久保嘉人が1得点1アシストで快調なスタートを切った。得点となったヘディングも、アシストとなったキックも、十二分にコントロールの利いたプレーだった。

 大久保嘉人の出身校である国見高校では伝統的に、DFラインからひたすらボールを前方に蹴り込み、それを身体能力の高いアタッカーが追いかけるという戦法が用いられる。プロ入りした大久保にも当初はそのスタイルの中で体に染み込んだと思われるプレーが目立っていた。何が何でも力いっぱい。距離も角度もタイミングもあまり考えずに力いっぱい。素晴らしい瞬発力と抜群に柔らかい足首を持っているのだから、TPOに応じたプレーを心がければもっと楽に点が取れるはずなのに、と思ったものだ。

 おや、と思ったのはアテネ五輪からである。当時のこのコラムでも書いたが、グループリーグのイタリア戦、ガーナ戦で放った大久保のシュートは、いずれも肩の力が抜けて実にナチュラルだった。その後も、Jリーグでの大久保のプレーに注目していると、以前に増してシュートの瞬間にコントロールの意識が高くなっているように感じた。ペナルティエリアの中には、肩をいからせてボールを蹴る大久保でなく、冷静にボールをミートし、シュートの弾道を見極めている大久保がいた。そしてスペイン移籍。シューターとしての進化が本物かどうか、とても興味があったが、大久保は期待以上によくコントロールされたヘディングとキックを披露してくれた。

 残念ながら、A代表ではまだ、イージーなシュートミス、レッドカード、失点の原因をつくるプレーなど、空回り続きの大久保である。その空回りの原因の一つとして、彼のアグレッシブな姿勢と短気な性格、つまり「やんちゃ」であることを取り上げ、それを逆に持ち上げる向きもある。しかし私は、大久保はこれからはむしろ、その「やんちゃ」を封印したほうがいいと思う。こんなに短期間に「剛」のプレーの中に「柔」のプレーを採り入れることができるということは、大久保にはクレバーなストライカーになりうる素質もあると思うのだ。今後、活躍の場を世界の舞台へと移していく大久保にとってはクレバーさこそが必要不可欠な“武器”となるはずだ。

関連キーワード
大久保嘉人
マジョルカ

ページトップ