SCORE CARDBACK NUMBER

さらば闘魂。時代は安心できるプロレスへ。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2005/02/03 00:00

 何をやろうとしているのか、リング上の未来形がさっぱり見えてこない。

 創立者アントニオ猪木の“一人相撲”には、もうお客さんはついてこないのだ。

 『闘魂祭り』と銘打った新日本の蓋開け興行1・4東京ドームは、結果的に昨年11月13日の不入りだった大阪ドーム大会と同様に、主催者による入場者数「4万6000人」の発表も空しく、史上最低の入りだった。もはや、時代は“燃える闘魂”を求めていないようだ。

 大晦日のPRIDE、K―1の視聴率バトルの余韻から覚めた純粋なプロレス・ファンは安心と安定の三沢・ノアを選んだ。王者小橋建太vs.挑戦者鈴木みのるのGHCヘビー級タイトル・マッチをメーンとした1・8日本武道館は、気持ちがいいほどよく入った。超満員に膨れ上がったスタンド席を見上げれば、ニューヨークの旧MSGのような会場風景である。馬場・全日本の全盛期は、年間7回開催の武道館はそれが当たり前だった。新日本と全日本が対峙していた時代を知る筆者には、時代を超えた猪木vs.馬場の代理戦争にも見えていた。

 しかし、競争の原理がいい方向に作用して思わぬヒット商品が生まれることがあるように、団体が張り合うことはいいことだ。

 苦しい新日本と対照的なノアは、オープニング・マッチの成功で2度目の東京ドーム開催に向けて確かな手応えを掴んだようだ。ところがトップの三沢光晴は「やりたいけどね、カードとタイミングが問題だね……」と慎重である。永源遥営業部長も「実数で3万は入れないとね、ドームはねえ、難しいよ」と口を濁す。新日本が2度の失敗で及び腰になっている以上、機は熟したと見た。ゴールデンウイークの5月か、昨年同様7・10前後か。

 問題はメーンのカードだ。現時点で絶対王者小橋のベルトは動きそうにない。小橋の14度目の防衛戦の相手は力皇猛の予定。いま小橋にストップをかけられるとしたら、トップの三沢しかいない。三沢が小橋に敗れ王座を明け渡したのは'03年3月1日の武道館。「よし、オレがやる!」と、2年ぶりにそろそろ立ち上がる時期に来ているかもしれない。

 天龍やみのるの参戦によって変化に富んだカードが組めるようにもなり、条件は揃った。あとは三沢のゴーサインを待つばかり。プロレス1強時代が始まったのだろうか。

関連キーワード
アントニオ猪木
プロレスリング・ノア
新日本プロレス

ページトップ