SCORE CARDBACK NUMBER

ツッパリから在位最長の大関へ。
千代大海、引退。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/02/16 06:00

3日目、魁皇に投げられる千代大海。現役末期は8勝7敗などギリギリの成績が多かった

3日目、魁皇に投げられる千代大海。現役末期は8勝7敗などギリギリの成績が多かった

 ツッパリ大関の闘魂の炎がついに消えた。史上1位65場所守り抜いた大関から陥落。この初場所から関脇に陥落した千代大海が初日から3連敗し、現役を引退した。

 最後の取り組みとなった魁皇戦。「自分がへこんだときに叱ってくれる先輩。尊敬する大関に全てをぶつけよう」と挑んだ54回目の対戦だったが、為す術なく完敗。取り組み後、魁皇が背中をねぎらうように触ったが、このとき既に魁皇は盟友の決断を察知していたのではなかろうか。幕内最多勝記録を更新したにもかかわらず、無表情のままだった魁皇の心中は、さぞや複雑だったに違いない。「あんな負け方、自分でも見たことない」。部屋に帰って魁皇戦のビデオを何十回も見返した千代大海は、17年間の相撲人生に終止符を打つことを決断した。

 翌日行なわれた引退会見、晴れやかな表情の千代大海の目には、涙はなかった。

「正直、土俵に上がるのが怖くなった。(引退は)ボロボロになるまでと考えました」

 体力、気迫の限界と戦いへの恐怖心が引退の理由だった。

年寄「佐ノ山」を襲名。ツッパリ親方の男気で後進を育てる。

 中学時代は筋金入りの暴走族。やくざ相手にもケンカを挑んだツッパリ少年は、当時「九州一のワル」。しかし16の時、憧れていた九重親方(元横綱・千代の富士)に自ら電話で入門を志願。母親への親孝行を誓い、剃り込みが入った金髪リーゼントで親方と初対面の上、入門した。

 入門後は文字通りツッパリを武器に大躍進。その極めつけは、平成11年初場所千秋楽での死闘である。当時関脇だった千代大海が本割、優勝決定戦で横綱若乃花を撃破したのだ。決定戦での取り直しとなった取り組みを含めて計3番は、しかし全部あわせても14秒7。ぶちかまし・突き・おっつけ・いなし等々、短時間に凝縮された技の全てに千代大海の「男気」が垣間見えた。相手が強ければ強いほど燃えた千代大海。この衝撃的な展開での大関昇進に、人気は頂点に達した。

 今後は年寄「佐ノ山」を襲名し、後進を指導する。「何か1つの目標を持てば、人生が変わることがあると伝えたい」。現役時代同様、千代大海には稽古場ではツッパリ親方を目指して欲しい。そして、ガキ大将のようなやんちゃな笑顔をまた見せて欲しいものだ。

■関連コラム► 九州場所は明も暗も記録尽くめ。~大記録樹立の白鵬と魁皇~ (09/12/15)
► 「出る出る出島」が、苦しみの現役から引退。 (09/09/02)

ページトップ