SCORE CARDBACK NUMBER

弱小チームを変革した
名将L・ブラウンの手腕。
――NBAの“再生工場” 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byJMPA

posted2009/04/28 06:00

 勝率が5割を下回り、プレイオフにも出られないチームのヘッドコーチでも、コーチ・オブ・ザ・イヤーの資格があるだろうか。以前なら躊躇なく「ない」と言い切ったところだが、今季ラリー・ブラウンがシャーロット・ボブキャッツで成し遂げたことを見ると、チーム成績は重要な基準ではないと思うのだ。

 去年4月、ブラウンがヘッドコーチに就いたとき、ボブキャッツは32勝50敗でシーズンを終え、チーム創設から4年連続でプレイオフを逃したところだった。今シーズンのボブキャッツは、4月6日、シーズン5試合を残した段階で34勝43敗。昨シーズンよりは成績を上げ、チーム史上最高成績を確実にしているとは言うものの、勝ち星が飛躍的に増えたわけでもなく、プレイオフ出場の可能性も低い。

数字だけではない、チームの“心”が変わったのだ

 それでもボブキャッツは一年前より確実に一段上のチームになった。それは、たとえ劣勢の試合でもチームが一丸となり、最後まで勝てると信じ、全力でプレーしていることからもわかる。ブラウンお決まりの言葉で表現すると、「正しいやり方でプレーする」チームに変貌を遂げたのだ。だからこそシーズン残り10試合を切ってもプレイオフ出場を賭けた戦いをすることができ、その中で強豪のロサンゼルス・レイカーズに勝ち、ボストン・セルティックスともオーバータイム2回の熱戦に持ち込んだ。シーズン途中のトレードでブラウン好みの選手が揃ったことも大きかったが、何より選手に彼のスタイルを根気よく教えたことが、シーズン終盤になって実を結んできたのだ。

完璧主義者ブラウンの失望とは?

 実はこれはブラウンが指揮するチームでは珍しいことではない。これまでプロと大学あわせて12チームをコーチしているが、ほとんどのチームがブラウンのもとで成長し、成功を収めている。

 ただし落とし穴もある。完璧主義者のブラウンはいったん成功しても、その後、成功を継続できないことに失望感を持ち、間もなくチームを去っていく。今まで、どこでもその繰り返しだった。

 だとしても、ボブキャッツにとってはまだ数年先のこと。今は、成功のあとの失望を心配するよりも、来シーズン、どれだけ成長できるかを楽しみにする時であり、ブラウンのコーチングを称える時だ。たとえ彼がコーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれなくても。

ページトップ