SCORE CARDBACK NUMBER

負けじ魂を貫いた、武双山の美しき引退。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2004/12/16 00:00

 潔すぎる引き際。九州場所4日目、大関武双山が、現役引退を表明した。6度目のカド番で迎えた今場所、初日から全く見せ場すら作れない完敗続きの3連敗。特に最後の相撲となった黒海戦では、馬力が身上の武双山が完全に圧力負けした屈辱的な内容だった。限界を悟った武双山は、師匠の慰留も受け入れず、小学校4年生から始めた22年間の相撲人生に幕を下ろした。

 武双山の相撲版「巨人の星」の話は、あまりにも有名だ。国体出場16回の父・正人さんが自宅に作った土俵で、マンツーマンのスパルタ稽古。さらに食事でも妥協は許されず、テーブルいっぱいの朝食を平らげるまで学校には行かせてくれなかった。細身だった武双山の身体が、相撲サイボーグと化すのに、あまり時間はかからなかった。水戸農高ではインターハイ・国体を制覇、次いで専修大3年でアマ横綱となった武双山は、迷わず中退して幕下付け出しでデビュー。ここに父子の夢である「両国の星」となる戦いが始まった。

 '94年春場所、所要7場所で関脇に昇進。歴代1位のスピード記録を作ったが、その行く手を故障が次々と阻んだ。'95年初場所の左肩脱臼は、その後何度も再発。続く秋場所では左足親指を脱臼し、特製プロテクター装着のため、足袋が欠かせなくなった。さらに左ひじ骨折、左ひざ靭帯損傷、腰椎椎間板障害などなど。実は今場所も2日目の栃乃洋戦で右肋軟骨を負傷。まさに満身創痍での奮闘だったが、武双山はその真実を誰にも言わず、弱音も吐かなかった。相手に負けても怪我には負けない。度重なる怪我に腐ることなく、'00年初場所初優勝。入幕から39場所目は、歴代5位のスロー記録だった。

 大関昇進時の口上で使った「正々堂々」という言葉。その言葉通り、武双山は立合いで一度も変化したことがなかった。人生をかけた勝負の場で、逃げることを恥とし、常に真っ向勝負。どんな苦境に追い込まれても、父から伝授された相撲魂を貫いた姿は、あたかも修行僧のようだった。最後の黒海戦、その負け残りの土俵下で見せた武双山の表情は、実にすっきりとして美しかった。

 白鵬が大活躍。一気に世代交代の波が押し寄せた今場所、武双山の最後の言葉が印象に残った。

 「弱い者は去るのがこの世界ですから」

ページトップ