SCORE CARDBACK NUMBER

アテネ後も続く進化。日本競泳陣の存在感。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/08/18 00:00

 カナダのモントリオールで行われていた世界水泳選手権で、日本は銀3、銅6の計9個のメダルを獲得した。金メダルこそなかったものの、1大会でのメダル数としては'03年バルセロナ大会の6個を上回る史上最多で、あらためて日本競泳陣のレベルの高さを証明した。

 アテネ五輪に続く金メダルが期待されていた男子100m平泳ぎの北島康介は、59秒53の日本新を出したが0秒16差でブレンダン・ハンセン(米国)に敗れた。いくら好タイムを出しても負けは負けだが、北島本人にショックはなく「(北京までの)4年間を考えた1年目としては二重丸」と納得顔。昨夏のアテネ五輪で2冠を達成し、その後はモチベーションを保つのに苦労した。五輪後も式典やイベントへの出席が続き、練習不足のまま臨んだ4月の日本選手権では200mで3位に沈んだ。ようやく調子が上がってきたのは6月になってからで、それを考えれば日本新での銀メダルは十分評価していい。何よりハンセンに負けたことで再び沸き上がってきた「闘争心」は北京へ向けての大きな財産となったはずだ。

 その北島に代わって200mに出場した今村元気も、見事に銅メダルを獲得した。北島より1つ年上の今村は、これまでひたすら偉大な後輩の泳ぎを追い求めてきた。何度もビデオで北島のフォームを見て、同じように泳ぐ努力をした。だが、アテネでは決勝に進むことすら出来なかった。「なぜダメだったのか」。答えは簡単だった。“北島のコピーでは勝てない”ことに気がついた今村は、自分に適したフォームを求め、ボクシングやサッカーの練習まで取り入れた。試行錯誤の末にたどりついた銅メダルは、今村に新たな希望と自信を与えたに違いない。

 アテネの不本意な結果を生かしたという意味では、松田丈志も同じだ。アテネでは3種目に出場したが、メダルには手が届かなかった。世界との差を痛感した松田は自由形へのこだわりを捨てて、より可能性の高いバタフライに集中することにした。専門種目を替えるという大英断は、見事200mバタフライでの銀メダルに結びついた。

 同じことをやっていては勝てないが、やり方を替えればメダルに手が届く。今村と松田のメダルは、創意工夫の大切さをあらためて教えてくれた。

ページトップ