SCORE CARDBACK NUMBER

不甲斐なさの克服なるか、
琴光喜と琴欧洲。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/10/23 06:00

不甲斐なさの克服なるか、琴光喜と琴欧洲。<Number Web> photograph by KYODO

 数号前の本誌コラムで不甲斐ない大関陣に呈した苦言に反発するように、琴光喜、琴欧洲の2大関に変化の兆しが見え始めた。

 名古屋場所の場所前、2大関は佐渡ヶ嶽親方と師弟一丸となって質量共に稽古の充実に取り組み、相撲の土台となる下半身を徹底的に鍛え直した。琴光喜は、巧みな前さばきから右を差しての速攻相撲。琴欧洲は長い腕で両まわしを引きつけての怪力相撲。2人は、無心で自分本来の型を追求し続けた。

 結果はすぐに現れた。琴光喜は、優勝した白鵬に「何も出来なかった」と言わしめる唯一の土を付け12勝。琴欧洲は千秋楽まで優勝を争い13勝。2人とも、久々に大関の責務を果たした。

琴欧洲は花嫁に、琴光喜は家族に優勝を誓ったが……。

 場所後、琴欧洲は婚約者を伴い母国ブルガリアへ里帰り。日本の国民栄誉賞に相当する最高位の勲章「スタラ・プラニナ章」の授与式に出席し、故郷のジュルニツァ村では家族として迎えられるプチ結婚式も開かれた。琴欧洲は存分にリフレッシュし、新妻に対して心新たに優勝というプレゼントを誓ったに違いない。

 一方、琴光喜は、平成13年秋場所以来、実に48場所ぶりという史上最長のブランクを経ての優勝を目指す。秋場所中は、母校の鳥取城北高校の恩師から届く大好物の梨が活力源。梨パワー全開で麻衣夫人と3月に生まれた長男・愛喜くんに、是非とも優勝の吉報を届けたいところ。

真の復活を妨げる“チキンハート”の克服を。

 秋場所も2人は好調を維持し、両横綱と4強を形成し初日から5連勝。大本命の白鵬が6日目に星を落とし、絶好のチャンスが到来した。しかし、そこでかねてから指摘されていた2人の共通課題“チキンハート”が顔を出した。

 頭を低くしすぎ、武器の長い腕をたぐられ空回りする琴欧洲。得意の右差しを封じられ、逆に左を差され防戦一方の琴光喜。中日までに敗れた両者は、揃って10日目に2敗目を喫し、両横綱との直接対決前に優勝争いから脱落した。「精神力・集中力」で体力の限界を払拭した朝青龍、左肘痛の再発を克服した白鵬。両横綱との精神力の歴然たる差が浮き彫りになった。

 後半戦で失速したものの、琴光喜と琴欧洲の復活モードはかろうじて継続中。真の復活には、更なる自分の型の追求に加え、心の鍛錬が急務である。

■関連コラム► カド番から鮮やかな優勝を遂げた琴欧洲。 (08/06/12)
► 試練を越えての大関、琴光喜の今後の課題。 (07/08/09)

関連キーワード
琴光喜
琴欧洲

ページトップ