SCORE CARDBACK NUMBER

政治に翻弄される、
「地方競馬の優等生」。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byItaru Sato

posted2007/04/05 00:00

政治に翻弄される、「地方競馬の優等生」。<Number Web> photograph by Itaru Sato

 ピーク時には年間の売り上げ高を689億円にまで伸ばし、「地方競馬の優等生」と呼ばれたこともある岩手競馬(主催は岩手県競馬組合。管理者は増田寛也知事)が、存亡の危機に瀕しているという。「テレトラック」と名付けた場外馬券売り場を完備し、そこではJRAの馬券も併せて発売することも積極的に取り入れて、ファンのニーズに応えてきた。取材記者の評判もよく、「広報室がしっかりしている」というのが定評。メディアをうまく利用する賢さも備えていたはずだった。

 '96年には市街地にあった旧盛岡競馬場を山間部に移設した。これは地方競馬では唯一の芝コースも備えた素晴らしい出来映えだったが、このときにかかった建設費の償還が、のちの景気後退の影響をモロに被って滞ったのが、今回の廃止騒ぎにつながったというのだから皮肉ではある。単年度赤字は'00年から続いており、同競馬組合は330億円の融資を受けないと今年度の競馬開催を維持できないところまで追い詰められていた。

 言われてみれば、新盛岡競馬場には高名な芸術家に依頼したオブジェなど、バブリーなものが目につく。豪華なスタンドも満員になったことがない。調子に乗りすぎたかなと思える部分はすぐに指摘できてしまうのだ。とはいえ、移設のきっかけは跡地を利用したかった政治的な意図によるものだし、競馬場の設計にしても行政の力が働いてのものに違いない。バブルのツケを現場に全部被せるのはあまりにも酷だろう。

 岩手県議会は当初297億5000万円と設定されていた県からの融資案を22対22の賛否同数、議長裁決で否決した。これを受けて増田知事が「廃止以外に道はない」として、一気に窮地に立つことになった。しかし、その翌日に盛岡市と奥州市が各々10億円ずつの負担増を表明。連日にわたる討議の結果、当面の存続が辛くも決定した。

 思えば笠松競馬が窮地に立ったときも知事の交代という政治的な背景があった。今回も現職の知事は、4月の統一地方選を控えて勇退を公言しており、後継者に負債を押し付けられないというのは笠松と同じ事情だ。財政的に弱体化した競馬は、政治的な流れに翻弄される宿命なのだろうか。

ページトップ