SCORE CARDBACK NUMBER

ゼンノロブロイに託された壮大な夢。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2005/07/07 00:00

ゼンノロブロイに託された壮大な夢。<Number Web> photograph by Yoko Kunihiro

 昨年の年度代表馬ゼンノロブロイ(牡5歳、美浦・藤澤和雄厩舎)が、満を持して宝塚記念(6月26日、阪神芝2200m、GI)から始動する。締め切りの都合でレース結果を伝えることはできないが、タップダンスシチーと当代最高レベルの、見応えある一騎打ちが演じられたものと思われる。

 ところで、ゼンノロブロイのオーナーであり、九州の経済界でも活躍していた大迫忍さんが、宝塚記念の1週前の土曜日に逝去された。まだ59歳という若さで、各方面から惜しまれる人格者だった。

 40代のときに大病を患い、そこから生還できたことで人生観が一変し、仕事をしながらでもできる、競走馬のオーナーを趣味として楽しむ道を選択したそうだ。藤澤和雄調教師が、「本当に競馬がお好きな人でしたし、その楽しさを知らない人たちに、どうにかして魅力を伝えようと努力もされていました。競馬界全体にとっても大功労者です」と言うように、オーナーの地元小倉に、藤澤調教師や武邦彦調教師など、毎回豪華なゲストを招いて競馬セミナーを開催した逸話も聞こえてきている。いい意味でのブルジョワを実感させる稀有な人物だった。

 ゼンノロブロイは、そんなオーナーに文字通りの「夢」を見せてくれた、最愛のスーパーホースだ。藤澤師は、今年の出走プランを「全部で5戦」とオーナーに提示。宝塚記念のあとは英国へ遠征して「インターナショナルS」(8月16日、ヨーク競馬場、GI)に武豊騎手との新コンビで挑戦し、秋は昨年同様に天皇賞、JC、有馬記念と使って2年連続の完全制覇を狙うと宣言していたのだ。

 順当なら最後の有馬記念はディープインパクト(牡3歳、栗東・池江泰郎厩舎)との頂上決戦になる。武豊騎手も「そこまでどちらも無敗で来て、最後にどっちに乗るかを迷える立場になっていたとしたら最高でしょうね。競馬人気も、かつてないほど盛り上がると思います」と、いまからそのシーンを思い描いて張り切っている。まさしくそれは大迫オーナーが描いていた夢でもある。競馬ブームが再燃すれば、「政財界の大物と言われる人たちに、競走馬のオーナーという極上の楽しみを知ってもらいたい」と言っていた、故人のもう一つの壮大な夢に繋がるかもしれない。

ページトップ