SCORE CARDBACK NUMBER

レース不況がもたらした、
世界への新しい道。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2009/03/12 01:00

 国内の2輪レースは、レース数が減少、ワークスチームが撤退し、若手も育たないという厳しい状況が続いている。世界同時不況がこれに拍車を掛け、ライダーにとっては未曾有の就職難を迎えている。チームの撤退と縮小は、シートのない選手を生み、走れたとしても条件が悪い。チャンピオンになれたとしても世界への道が開けるわけでなく、世界を目指す子供たちにとって、そして成長を見守ってきた親たちにとっても最悪の時代である。

 そんな状況のなか、富沢祥也が全日本GP250ccクラスからWGP250ccクラスへのステップアップを果たした。契約したのはフランスの「チーム・CIP」。ホンダ系の中堅プライベートチームで、昨年の日本GPにワイルドカードで参戦した富沢の走りが認められた形だ。

 しかしWGPとはいえ、125ccクラスと250ccクラスは資金的に脆弱なチームばかりで、チームがライダーに資金を要求するケースが多い。「チーム・CIP」も例外ではない。だが、父・輝之さんは「同じ金を使うのならレベルの高いところで戦わせたい」と語る。

 「要求された金額は思ったほど高額ではなく、円高でかなり減額されたことも幸いした。ほかのルーキーたちに比べると祥也の条件は良いと思う。このチャンスを生かしたい」と交渉を続け、昨年の11月に合意に達し、このほど正式に契約を済ませた。

 富沢は千葉県旭市出身。進学校の千葉県立匝瑳高校英語科をこの春に卒業する。英語科を選択したのは世界に出るためだった。レースを続けるための条件は学業との両立。そのため高校時代は100%レースに打ち込める環境ではなかったが、常にチャンピオン争いに加わってきた。しかし、勢いあまっての転倒も多く、全日本での総合最高位は2位に甘んじた。

 父・輝之さんは「国内でチャンピオンを取って世界へ」というシナリオを描き、祥也もそれは同じだった。しかし、世界への道は時とともに変化する。これまでにない厳しい時代が、一足飛びの世界行きを決断させたのだ。

 決して恵まれた体制ではないが、それだけにハングリーである。果敢にチャレンジする富沢の思い切りの良い走りと成長に注目したい。

■関連コラム► 期待の星、中上貴晶のほろにがGPデビュー。 (08/04/03)
► 清成龍一の例に見る、ホンダ流ライダー育成法。 (05/06/23)

ページトップ