SCORE CARDBACK NUMBER

陰の主役は太陽? 猛暑と戦う全豪オープン。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/02/26 00:00

陰の主役は太陽? 猛暑と戦う全豪オープン。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 あと少しだけ、その日のメルボルンが涼しかったら、セリーナ・ウィリアムズ(米国)は全豪の栄冠を手にしていなかったかもしれない。

 セリーナとスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)の準々決勝が行われた1月28日は、最高気温43度の猛暑だった。試合は、クズネツォワが第1セットを先取したところで「猛暑対策ルール」が適用され、一時中断。開閉式の屋根を閉めたのち再開し、そこから2セットを連取したセリーナが逆転勝ちを収めた。中断が試合の流れを変えたのだ。

 タフさが売り物のクズネツォワにとって、炎天下はセリーナを破る好機だった。会見でクズネツォワは「屋根を閉める前と後では、別の試合だった。私は屋根を開けたままでも快適だったのに」とまくし立てた。一方のセリーナは、空調も入って涼しくなったコートで息を吹き返し、結局、優勝のゴールまで突っ走った。

 全豪の猛暑対策ルールとは、気温や湿度などの数値が基準値を超えるとレフェリーの判断で試合をストップする、というもの。クズネツォワは怒ったが、ルールの適用に問題はなかった。自分が支配していた試合を不可抗力でひっくり返されて、気持ちの収まりがつかなかったのだろう。ここまで暑くならなければ試合は中断しなかったのに……。そんな、やり場のない怒りがあったに違いない。

 クズネツォワには気の毒だったが、大会側も猛暑対策には頭を痛めているのである。その前日には、炎天下で試合を行った昨年の男子シングルス覇者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が暑さでダウンした。熱けいれんと全身の痛みで、第4セットで途中棄権したのだ。優勝候補の敗退は大会にとっても痛手。そもそも気温40度で試合することが選手の体によくないのは誰でも分かる。

 ナイターの試合を増やせば暑さはしのげるが、全豪は今でも試合終了時刻が遅すぎるというので問題になっている。2週間、毎日午前様では選手もスタッフも、我々メディアも、たまったものではない。猛暑を避けるために開催時期をずらすという案もあるが、地元オーストラリアは、観客動員やテレビの高視聴率が見込める夏休み期間中の1月に大会を開きたいのである。今のところ、多くの人を納得させる妙案は、ない。

ページトップ