SCORE CARDBACK NUMBER

やはり健在、本山哲に国内活性化の夢を託す。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2005/06/23 00:00

 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦が新生富士スピードウェイで開催され、チーム・インパルのブノワ・トレルイエが今季初優勝を飾った。開幕4戦で4人目の優勝者が現れ、今季F・ニッポンの混戦はより深まることになったが、一方で注目すべきはこのレースの結果、シリーズポイントランキングで本山哲が首位に立ったことだ。

 一昨年、チーム・インパルで自身3度目の王座を獲得した後、F1進出を模索したものの断念、結局チーム・インパルを離れ他チームに移籍してF・ニッポンに戻ってきた。だが、昨年は優勝1回、ランキング6位に止まった。チームに必ずしも万全の戦闘力があったとは言えなかったことを考えれば高く評価されるべき戦績ではある。しかしF1進出をあきらめた後30代中盤にさしかかる本山が、果たして今後もレースに対する熱意や集中力を持ち続けることができるかどうか。個人的には少々心配していた。

 ところが今年はチーム・インパルに復帰すると開幕から闘争心溢れるレースを展開して第3戦では早くも優勝、今回の第4戦でついにランキング首位に躍り出た。本山は健在だったのだ。

 速さだけではなく強さ、それも粘りのあるこの強さを思うと、本山がかつての星野一義に重なり合って見えてならない。星野も日本一速いと言われながらF1には行けなかった。でもその後長年にわたって国内レースに君臨し、「F1に行くなら星野を超えてから」と語られるある種のベンチマークとなった。

 近頃、F1進出のためには国内レースに染まらずできるだけ早く海外へという風潮が強まり、それとともに国内トップフォーミュラの人気が低下した。しかし、わたしは以前のように日本からの海外進出は日本に基盤を築いてから行われなければ限界にぶつかると考えている。そのためには国内トップフォーミュラが栄える必要がある。

 現在、来季以降のF・ニッポンを再編する動きが活発化している。その中で、本山がかつての星野のように、ファンのみならず若い選手たちの憧れの存在として地位を確立してくれることを望む。言い方を換えれば本山こそがF・ニッポンを生きかえらせるキーマンなのではないかとにらんでいるのだが。

ページトップ