SCORE CARDBACK NUMBER

2006年のマスターズ、本命・対抗・大穴は? 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2006/04/06 00:00

2006年のマスターズ、本命・対抗・大穴は?<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 過去6年で3度目のコース改造──'06年のマスターズの行方を占うにあたって、最も重視すべき事象だろう。

 マスターズの舞台であるオーガスタ・ナショナルGCは、総距離を昨年の全長7290ヤードから7445ヤードまで伸ばし、メジャー開催コースとしては史上2番目に長いコースとなった。道具の進歩、選手のアスリート化に伴い、ロングヒッターが急増している。“飛ばし屋”に対抗する難易度をコースに求めた結果、さらなる総距離の延長はなされた。

 コース改造は6ホールに及び、なかでも4番ホール、パー3では、30〜35ヤードもティーグラウンドを下げて、240ヤードと実に長いパー3となった。

 3月中旬、下見を兼ねてオーガスタでプレーしたタイガー・ウッズは、この4番ホールのティーショットで1オンを逃している。

 「3番アイアンで打ったんだけど、グリーン手前だったから、(本番では)5番ウッドが必要となるかもね」

 ウッズが5番ウッドを用いるのは、メジャー大会では初めてのことだ。“飛ばし屋”対策であるオーガスタの改修は、ショートヒッターにはより不利に働く。「優勝争いができる選手はこれまで以上に限られるだろう」と、過去4回マスターズを制したウッズは予想している。

 '06年マスターズの大本命は、なんといってもそのウッズである。30歳になったウッズのゴルフに、今や不確実さと背中合わせの派手で強引なプレーはない。まずは着実にパー、そこからバーディーやイーグルを狙っていく組み立てはすでに円熟味が漂う。今季、すでに3勝をあげるなど波にも乗っている。

 対抗はアーニー・エルスとスチュアート・アップルビー。エルスは昨年、怪我で半年を棒に振った。ゲームへの渇望感がプレーにはまれば、実力からしても優勝争いに絡んでくる。アップルビーは地味な選手だが、最大430ヤード飛ばすパワフルさは今のオーガスタ向きだ。

 大穴としては、今季から米ツアーに参戦し、わずか4試合目で初優勝を遂げたJ・B・ホームズを推す。デビューしたてのホームズはまだゲームの恐さを知らない。真の“飛ばし屋”たる彼の勢いには、マスターズという大舞台すら一気に駆け抜けてしまう可能性を感じる。

ページトップ