SCORE CARDBACK NUMBER

最強横綱に挑戦する19歳のサラブレッド。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph by

posted2004/09/09 00:00

 大鵬、北の湖、千代の富士ら大横綱に次ぐ4連覇を達成した朝青龍。唯一優勝のなかった名古屋場所を制し、年間6場所完全制覇という偉業が、にわかに現実味を帯びてきた。不滅の記録といわれた北の湖の年間勝利数82も射程圏にとらえた朝青龍だが、土俵外でまたもや大失態を演じてしまった。名古屋場所千秋楽の翌々日、酔っ払って部屋の玄関ガラスを割って大暴れ。理由は定かではないが、パトカーや救急車も出動する前代未聞の事態。その横綱にあるまじき品格、行動については、これまでも何度も問題になったが、あまり改善が見られない。高砂親方は朝青龍に対し「今度同じようなことをしたら、相撲を辞めてモンゴルに帰ってもらう」と言い渡したそうだが、もしもそうなれば一大事である。一人横綱として今や大相撲の屋台骨を背負って立つ朝青龍に対し、今こそ協会は本腰を入れて横綱教育を施すべきと私は考える。憎まれるほど強くなってしまった朝青龍を、皆が憧れるスターに育て上げるにはどうしたらいいか。今を逃せば朝青龍は永遠に悪役横綱のままである。

 この朝青龍を脅かす存在になる可能性を秘めているのが、モンゴルの後輩、19歳の白鵬である。夏場所、新入幕でいきなり12勝を挙げ敢闘賞受賞。先場所も厳しいマークの中で、楽々11勝を挙げた白鵬は、秋場所、横綱大関陣と総当りする注目の場所を迎える。

 入門当初は175cm、68kg。手足と腰の大きさを見極めスカウトした親方の目に狂いはなかった。今では、189cm、138kgと見事に成長した。懐が広くてバランスが良く、そのうえ足腰は柔軟だ。一見非力に見えるが、腕力も強い。かつての大横綱柏戸、大鵬を意識した四股名にふさわしい素質を、白鵬はその体内に秘めていた。

 親方も入門後に知ったそうだが、何と父親はモンゴル相撲で6連覇を果たした大英雄。日本で言う、長嶋や王のような存在である。ベールを脱ぎ始めたサラブレッド、白鵬の急成長は必然の流れといえよう。

 もちろん、その陰には血の滲むような稽古がある。「入門以来、稽古は一日も休まず、驚くほどやるよ」と親方が言うように、とにかく真面目で稽古熱心。今のままの姿勢を貫き通せば、日本の大相撲で父親と肩を並べる日もさほど遠い日ではないだろう。

ページトップ