SCORE CARDBACK NUMBER

助っ人ばかりが目立った
トップリーグ開幕戦。
~“輸入大国”日本ラグビーの課題~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2009/09/23 08:00

助っ人ばかりが目立ったトップリーグ開幕戦。~“輸入大国”日本ラグビーの課題~<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

ブラウンのゲームコントロールが冴え渡り、三洋は24-18で昨季リーグ王者・東芝を撃破

 陣地を進めるキックは、テニスのショットのようにライン際で弾んで白線の外へ転がった。逆回転で蹴り上げたハイパントはゆらゆら揺れて相手を幻惑し、味方側へ弾んだ。昨季のリーグ王者と日本選手権覇者が激突したトップリーグ開幕戦、主役は『キックの魔術師』三洋電機のSOトニー・ブラウンだった。

「バックスピンキックは、風や雨で自然に変化するし、バウンドすれば手前に跳ね返る。でも一番大事なのは、競れるところへ蹴って圧力をかけること。今日はチーム全員がプラン通り圧力をかけ続けたからラスト20分で勝利を掴めた」

 七色のキックで三洋を勝利に導いた34歳の司令塔は淡々と話した。昨年は試合中に背後からタックルを受けて膵臓を損傷。一時は選手生命も危ぶまれながら、見舞いの電話をくれた相手選手に「ゲームの中のことだ。気にしないでくれ」と気遣ったジェントルマンは驚異的に回復。復帰したプレーオフ決勝では東芝に敗れたが、今季は初戦で雪辱した。それでも「あのときは体重が10kg落ちていてパワーがなかった。今は体重は戻ったけど、もっと試合を重ねる必要がある」と冷静に自己観察。開幕戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)受賞も頷ける。

世界で戦える日本人選手の育成が急がれる。

 とはいえ、外国人選手の活躍を喜んでばかりもいられない。2019年W杯開催、7人制ラグビーの2016年五輪種目採用と追い風ムードのラグビー界。五輪種目に採用されたセブンズの強化を睨めば日本籍選手の強化が急務だが、トップリーグ開幕節で、引き分けを除く5試合のMOMは4人が助っ人勢だった。トップリーグが昨季から外国人枠を3に拡大した結果、ピッチ上では攻守とも輸入選手ばかりが目立っているのが現状だ。

「そこは悩みどころ」と協会首脳は話す。

「我々としては、レベルの高い外国人選手の中で経験を積んで、世界で戦えるタフな日本人選手が育って欲しいんだが」

世界の荒波に揉まれることは大事だが……。

 トップリーグ開幕と同じ4日。NZでは、NECから武者修行中の浅野良太がカウンティーズマヌカウ州代表に選ばれ、ANC(エアNZ杯)公式戦6試合目で初先発・フル出場を果たした。

 日本のトップ選手には、国内で助っ人勢に負けず活躍してほしい。その一方で、さらなる海外チャレンジを期待する思いも募る……。矛盾の秋である。

■関連コラム► 2019年ラグビーW杯は日本に!アジア初のホスト国の栄誉と宿題。
► トップリーグ6年目は、充実の内容でスタート。 (08/09/25)

関連キーワード
トニー・ブラウン
三洋電機ワイルドナイツ
トップリーグ

ページトップ