震災後、あなたが嬉しく思ったスポーツ界の出来事は?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  東日本大震災はスポーツ界にも極めて大きな影響を与えました。   ここで記すまでもなく、予定・・・続きを表示

●プロ野球選手会の奮闘
●サッカー、チャリティー試合開催
●サッカー、海外クラブからのメッセージ
●センバツ高校野球開催&被災地からの出場
●ドバイWCで日本馬がワンツーフィニッシュ
●女子ゴルフ、有村智恵らの迅速な支援活動
●その他

1-10件を表示 / 全39

すべて| プロ野球選手会の奮闘| サッカー、チャリティー試合| サッカー、海外クラブからのメッセージ| センバツ開催&被災地からの出場| ドバイWCで日本馬がワンツー| 女子ゴルフ、有村智恵らの支援活動| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 当日の試合も素晴らしかったが、非公開が通例の練習を全て公開しチャリティーや募金活動を精力的に行なった点が良かった。

    特に募金活動は当初の予定から大幅に延長して行い、ザッケローニ監督も”練習より重要”との指針を打ち出した点が素晴らしかったと思う。

    モータムさん2011/03/31 06:44に投稿

    17
    そう思う!
  • カズのゴールにつきる。

    つば九郎さん2011/03/31 00:55に投稿

    15
    そう思う!
  • 特にファンではなかったのですが深く感動いたしました。鹿島アントラーズの小笠原選手の言動です。ご本人の言葉を列挙いたします。
    「避難所にいる方々の名前とか、リストを出してほしいんですよ。個人情報の問題とかもあるんでしょうが、何とかならないでしょうか」
    「目で見て、何が足りないのか知りたくて来ました。何とか力になりたい」「岩手県民の皆さんなら必ず乗り越えられる。 心の底から岩手県民に生まれてよかったという日が来るまで一緒に頑張りましょう」
    「最初にJリーグ選抜としてチャリティーマッチに出場するという話をいただいた時には辞退も考えました。家を失った方や身内を亡くした方もたくさんいる中で、サッカーをしている状況ではないと思ったから。でも被災地の方々から『いつもサッカー見てるよ』と言葉を掛けてもらい、気持ちが変わりました。サッカーも被災地の力になれることの一つと思い出場を決意しました。」

    yabuさん2011/04/07 17:42に投稿

    12
    そう思う!
  • 「他のスポーツは中止になっているのが多いのに、何で野球だけ?」という意見もあったようですが、やっぱり開催してよかったと思います。

    開会式での創志学園・野山慎介主将の選手宣誓:「人は、仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。私たちに今できること、それはこの大会を精一杯、元気を出して戦うことです。“がんばろう!日本”。生かされている命に感謝し、全身全霊、正々堂々とプレーすることを誓います」これは高校野球史に残るすばらしい宣誓でした。

    そして最大の被災地・宮城県から出場した東北高校。調整不足は否めず惜しくも敗れましたが、彼らの全力疾走と懸命のプレーは、ファンのみならず相手チームにも感銘を与えました。

    自粛がブームのようになってしまっている今、彼らのひたむきなプレーは、観る者に活力を与えてくれると信じます。

    Dukepanさん2011/03/31 09:53に投稿

    12
    そう思う!
  • 「フランスのスケート連盟が、2012年のフィギュアスケート世界選手権の開催権の日本への譲渡を国際スケート連盟(ISU)に提案した」
    フィギュアスケートファンとしては、とても嬉しいニュースでした。

    winter loveさん2011/03/31 09:24に投稿

    11
    そう思う!
  • どれも嬉しく、順位をつけるどうこうではないのだが、対応の早さ、規模の大きさから、最も大きなメッセージを感じた。
    あれだけのメンバーが集まり、見世物ではなく真剣勝負をしたこと。
    何よりこの試合でKINGカズがゴールを決めたことは大きなメッセージとなったのではないか。

    kotaronasunoさん2011/03/31 11:22に投稿

    11
    そう思う!
  • こんなにも、世界が自分のことのように思ってくれていること、世界が身近で繋がっていることに感動した。

    sofsalafanさん2011/03/31 00:48に投稿

    10
    そう思う!
  • う~ん、どれがとは選べませんね。
    すべてがすごく嬉しかったし、今これを書きながらそれぞれを思い出しても涙が出る思いです。

    これまで勝てなかったドバイWCでの1-2や、カズのゴールなど、「目に見えない何か」が、日本の復興を応援してくれているように感じる一方、我々の想像を超える感動を与えてくれるのがスポーツだと、その魅了を再認識しました。

    サッカーのチャリティーマッチも、それをすること自体も大事だけど、選手みんなが本気で頑張ってくれたことが嬉しかった。
    東北高校相手にやりにくかった面もあったと思うけど、それを真っ向から受け止めた大垣日大の選手・監督も素晴らしかった。

    スポーツ選手の支援活動はもちろん尊いことですけど、過度な自粛などせず、プレーで奇跡を見せて僕らを勇気づけてほしいと願います。それはスポーツ選手にしかできないことだから。

    もっとごーさん2011/03/31 12:13に投稿

    9
    そう思う!
  • カズのゴールがとにかく感動でした。
    それに、サッカー界は選手、組織、企業の一体感をとても
    感じます。
    これからも期待しています。

    なぜなぜ坊やさん2011/03/31 12:43に投稿

    9
    そう思う!
  • 日本代表対Jリーグ選抜の試合は、チャリティーマッチとしてすごく良かったし、ひとつの試合としても見ごたえがあった。

    何と言ってもキングカズのゴール。
    理屈じゃない、心に直接届くようなパワーを感じた。

    言葉や直接的なメッセージを発信するのは良いことだと思うが、やっぱり、アスリートならプレーで魅せてくれるのが一番。
    賛否両論あるが、こんな時だからこそ、ピッチから勇気を与えてくれる存在は貴重だと思う。

    lustig 27さん2011/04/04 20:07に投稿

    8
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ