SCORE CARDBACK NUMBER

若手を育てるために。
女王・杉山愛の決断。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2007/05/31 00:00

若手を育てるために。女王・杉山愛の決断。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 31歳の杉山愛と17歳の森田あゆみのダブルスが、5月1日から6日まで行われた国際テニス連盟(ITF)公認の国際公式戦カンガルーカップ(岐阜県長良川テニスプラザ)に出場し、同ペアとしては初優勝を飾った。杉山が1月に北京五輪への挑戦を明かしてから約3カ月。14歳違いの新星と女王のコンビが、いよいよ五輪出場に向けて第一歩を踏み出した。

 北京五輪のテニス競技は、来年6月9日の最新世界ランクを基準に出場選手が決まる。予選はないので、WTAツアーやITF公認大会など対象大会で好成績を収め、世界ランクを上げることが五輪出場への最優先事項だ。杉山の最新世界ランク(5月7日付)はシングルスが26位、ダブルスが14位。ケガなどの不可抗力は別にして、このランクをキープすれば、杉山の北京五輪単複出場はほぼ確実である。森田はシングルス176位、ダブルス294位。大会推薦枠はあるにしても、現在のランクでは出場は不可能だ。約1年をかけて、この世界ランクをシングルスでは100位以内、ダブルスでも200位以内に上昇させなければならない。ただこれは、1年あれば十分に可能な数字だ。世界ランクは下位になればなるほど、ポイント差はごくわずか。1大会で好成績を挙げるだけで、一気に20〜30位は跳ね上がる。

 今回のカンガルーカップは、通常世界100位以下の選手たちの主戦場だ。WTAツアーを転戦する杉山クラスの出場はあり得ない。しかし、森田のランクではWTAツアーになかなか出場できないため、杉山が森田の舞台に下りてきた形だ。杉山にとって、賞金や世界ランクで、まったく得にならない。しかし、森田のために自らを犠牲にした。有能な若手がトップ選手とペアを組み、ダブルスで経験を積むという形は、世界でもよく見られる。五輪を目指すことをきっかけに、杉山が持てるすべてを森田に伝授しようと考えたことで、今回のペアが結成されたわけだ。

 北京五輪の時、杉山は33歳になる。残りの現役生活は決して長くない。少しでも長く続けるためのモチベーションとして、五輪と後継者の育成は大きな目標となるはずだ。森田がその期待に応えられるか。非常に楽しみな1年である。

■関連コラム► テニス界における五輪の位置づけに変化。 (2007年3月8日)
► いま輝きを放つ、杉山愛の“ひたむき”。 (2006年4月20日)

関連キーワード
杉山愛
森田あゆみ
カンガルーカップ

ページトップ