SCORE CARDBACK NUMBER

3度目の五輪を手にした戦うベテラン、弘山晴美。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/07/01 00:00

 陸上女子長距離のベテラン、35歳の弘山晴美(資生堂)が3度目の五輪切符を手にした。1月の大阪国際女子マラソンで5位に終わり、早々とマラソンでの代表が絶望になったこともあって2月からはトラックに照準を切り替えて調整を続けてきた。6月4日に行われた日本選手権の1万mでは優勝した福士加代子(ワコール)の後方集団につけ、ゴール直前に田中めぐみ(しまむら)に抜かれはしたものの3位に食い込み、14日に発表されたアテネ五輪代表に名前を連ねた。

 弘山を一躍有名にしたのはマラソンで、2時間22分台の好タイムをマークしながら代表から漏れた4年前のシドニー五輪だった。当時も最終的には1万mの代表になったが、本番では最下位の20位。マラソン代表を逃したショックが大きく、「あの時は気持ちを切り替えるのに時間がかかった」と言う。だが、今回は時間的に余裕があったこともあり、本来のキレのある走りで'96年アトランタ、'00年シドニーに続く3度目の五輪代表に輝いた。

 すでに35歳。だが、肉体的な衰えはほとんど感じられず、何よりも気持ちが前向きだ。シドニーの時と明らかに違うのは、走ることに対するモチベーションだろう。シドニーまでは当然、自分自身のために走っていた。だが、今回は「後輩の選手たちに、私がアテネに挑戦する姿を参考にしてほしい」という願いがある。確かに、黙々と練習を続ける弘山の姿は若い選手たちにとっては生きた教材と言っていい。昨年から大好きな甘いものを控え、苦手の筋力トレーニングにも積極的に取り組んできた。だからこそ今でも世界と対等に戦える肉体を保てているのだ。さらに、若手を指導する夫の勉コーチのフォローもする。自分だけではなく後輩のため、そして夫のために走っているという充実感が今の弘山を支えている。

 マラソンより一足早くスピード化が進んだ1万mは世界の壁が厚い。過去に五輪と世界選手権で獲得したメダルは、'97年世界選手権の千葉真子(当時旭化成)の銅メダルしかない。だが、弘山はあくまでもメダルを目指す。その熱い思いは、後方から必死に福士を追い上げた日本選手権のレースからもひしひしと伝わってきた。文字通り最後の五輪で、弘山は競技人生の集大成となる最高の走りを見せてくれるに違いない。

関連キーワード
RUN特集
弘山晴美

ページトップ