SCORE CARDBACK NUMBER

名門、近大ボクシング部は
なぜ廃部に追い込まれたか。
~相次ぐボクサーの不祥事~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING WORLD

posted2009/07/15 06:00

名門、近大ボクシング部はなぜ廃部に追い込まれたか。~相次ぐボクサーの不祥事~<Number Web> photograph by BOXING WORLD

 五輪でも「参加する」のがやっとのわが国のアマチュアボクシングが、メディアで取り上げられることは極めてまれである。しかし、不祥事となれば話は別だ。近畿大学の19歳のボクシング部員2人が強盗容疑で逮捕され、大学は即刻廃部を決定――このニュースは、スポーツ紙はもとより一般紙の社会面でも大きく取り上げられた。

強盗事件が低迷する名門クラブに追い打ちをかけた。

 近大ボクシング部は、かつて関西で無敵を誇り、大学日本一にも11度輝いた名門校である。'68年のメキシコ五輪銅メダリストの森岡栄治や、アマ&プロともに日本王者に君臨した辻本章次ら名選手を何人も輩出した。現役世界王者の名城信男もそうだし、「浪速のロッキー」赤井英和は、プロ引退後、俳優になる前の束の間、母校のコーチを務めている。

 今回の事件の責任をとって辞任した浜田吉治郎総監督は、東京五輪の代表に選ばれた往年の名選手。監督に復帰し、部の復興に着手したばかりだった。

 '98年の近畿学生リーグの分裂騒動を機に、近大のチーム力は著しく低下し、以後は往時の無敵ぶりが信じられないような低迷を続けていた。そんなところに起こったのが、今回の部員逮捕だった。塩谷文部科学大臣から「廃部までしなくとも……」という異例のコメントも出たが、60年を超える長い歴史をもつ名門クラブに、このような事件で終止符が打たれるというのは残念でならない。リーグ戦は団体戦だが、このスポーツは基本的に個人競技。一部の不心得者のために、他のまじめな部員たちも試合に出られないのは酷な気もする。

長引く不況が不器用な生き方のボクサーを襲う。

 実は関東リーグ戦でも、2年続けてナンバー2だった東洋大学が、元部員の不祥事(覚せい剤の密輸バイトで逮捕)を受けて今季の活動を自粛し、リーグ戦出場を辞退したばかりだ。往年の名王者、矢尾板貞雄さんもコーチ陣に加わり、熱心な指導で王座まであと一歩と迫っていたのに、これで部の弱体化は必至である。

 最近、大学アスリートの犯罪がたびたびニュースで取り上げられるが、プロの現役あるいは元ボクサーによる、金に困った末の事件も時折伝えられるところをみると、昨今の不況の影響を心配したほうがいいかもしれない。とくにボクサーは処世に長けた者よりも不器用な人間が多いだけに、気がかりではある。

■関連リンク► 西岡の海外防衛戦が示すボクシング界の台所事情。 (2009年6月16日)
► 長谷川穂積をアメリカに駆り立てるもの。 (2008年8月7日)

関連キーワード
名城信男

ページトップ