SCORE CARDBACK NUMBER

半世紀ぶりに蘇ったビル・ラッセル伝説。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

posted2009/03/12 00:00

 リアルタイムで現役時代を見ていないからか、ビル・ラッセルというと大きな声でよく笑う人という印象が強い。'50年代終盤から'60年代にかけて王朝を築いていたボストン・セルティックスの大黒柱。現役時代は競争心の塊のような選手だったらしいが、75歳の今ではすっかり好々爺。彼の「ウヒャ、ヒャッ、ヒャッ」という笑い声を聞くだけで訳もなく嬉しくなり、つられて笑ってしまう。現セルティックスのレイ・アレンが「あの笑いには伝染性がある」と描写していたが、まさに言い得て妙だ。

 そのラッセルが言葉を詰まらせ、大きな手で顔を覆っていた。NBAファイナルMVPを「ビル・ラッセル・NBAファイナルMVP賞」と呼ぶことになり、2月14日に発表記者会見が行われた、その冒頭でのことだった。

 自分の名前がつけられたMVPトロフィーを前に、ラッセルは「私にとってほろ苦い賞になりました。特別な人を失ったばかりで……」と、言葉を詰まらせた。この名誉を真っ先に分かち合いたかった妻のマリリンが1月、癌のために亡くなったばかりだったのだ。

 涙を抑えてラッセルは続けた。

 「それでもレッド・アウアバック・コーチや歴代のチームメイトのために、これを受け取りたいと思います」

 チームのため──。現役時代、常に個人としての栄誉よりも試合の勝敗を第一に考えていたラッセルらしい言葉だ。

 個人賞の面ではむしろタイミングが悪い人だった。彼のブロックは芸術的だと語り継がれながら、ブロック王になったことがない。現役時代にはまだリーグがブロックを記録していなかったのだ。今回、彼の名前が冠されることになったファイナルMVPですら、現役最後のシーズンから導入されたため、ラッセル自身は一度も受賞したことがなかった。

 現役の頃のアメリカはまだ人種差別が強く残る時代だった。ホテルやレストランで宿泊や給仕拒否を受けたこともあった。白人の多いボストンでの黒人スターだっただけに苦労したことも多かった。「どんな逆境にも前向きに対処するようにしていた」とラッセルは振り返る。

 思えば、あの伝染性の強い笑い声も、苦しい時代を乗り越えるための、彼なりの世渡り方法だったのだろうか。

関連キーワード
NBA

ページトップ