NumberEYESBACK NUMBER

世界選手権で露見した
シンクロ日本の問題点。
~長期的戦略が欠けた理由とは?~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2009/09/02 06:00

平均年齢が約20歳と若いチームは、技術点で厳しい評価を受けた

平均年齢が約20歳と若いチームは、技術点で厳しい評価を受けた

 7月に行なわれた水泳世界選手権のシンクロナイズドスイミングで、日本は実施された7種目においてひとつもメダルを獲れずに終わった。

 最初の種目、チームのテクニカルルーティンで5位に終わると、続く種目でも次々に表彰台を逃がす。意地をかけて臨んだ最終種目、チームのフリールーティンでも6位に終わり、ついにメダルはゼロ。1973年に世界選手権が始まって以来、必ずメダルを獲得、前回の'07年でも7種目中6種目で表彰台に上がるなど、「お家芸」とも言われた競技としては、あまりにも寂しい結果だ。

選手は全力を尽くした。では何故負けたのか?

 全般に感じられたのは、選手の動きがぴたりとそろう「同調性」の低さと表現の未熟さである。最初の種目で隊列が乱れたのを皮切りに、デュエット、チームともに選手それぞれがばらつく場面が見られた。また、余裕がないためか、表情や指先の動きにまで神経が行き届いていなかった感は否めない。

 本来、日本の同調性は世界でも高く評価されてきたが、今大会では、持ち味が失われてしまったのである。

 主将の小林千紗は、このように大会を振り返っている。

「力は出し切れたと思います」

 他の選手からも同じような言葉が聞かれた。おそらくその思いに偽りはない。実際、彼女たちは世界選手権を前に、1日12時間におよぶハードな練習を積んできた。悔しくてもやれるだけのことはやったと思うのも仕方ないことかもしれない。

 では、何が足りなかったのか。北京五輪後、代表選手は総入れ替えとなったが、初めての大舞台に選手たちが呑まれたところはあるかもしれない。採点競技だけに、最初の種目の不出来が、続く種目でもジャッジに影響した面もあったかもしれない。だが根本は、長期的な視野に立った強化の欠如にあるのではないか。

北京五輪の時も同じ失敗をしていた日本。

 実は北京五輪前も、今回と同じ失敗をしている。昨年4月のプレ五輪で不調だったことから、ヘッドコーチの辞任などコーチ陣を入れ替えて臨んだ北京では、デュエットこそ銅メダルを得たもののチームでは5位にとどまり、メダルを逃がした。

 今年5月にも急きょコーチを加えた。デュエットはぎりぎりまで代表を決められず、3人の選手に競わせた経緯もある。つまりは指導体制が一貫していなかったのである。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  メダルを獲り続けた井村雅代氏の指導は何が違ったのか?

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ