NumberEYESBACK NUMBER

「ミッチェル・レポート」
深すぎる薬剤汚染の闇。 

text by

李啓充

李啓充Kaechoong Lee

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2008/01/17 00:00

「ミッチェル・レポート」深すぎる薬剤汚染の闇。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 12月13日、元民主党上院院内総務ジョージ・ミッチェルがMLBにおける薬剤汚染についての調査報告を発表、全米に衝撃が広がった。ステロイド・ヒト成長ホルモンなどの薬剤を違法に使用/購入したとされる選手が90人、うち、オールスター選出経験のある選手が29人と(数字はUSAトゥデー紙)、予想されたとはいえ、MLB全体が薬剤汚染の「カルチュア」に蝕まれてきた事実が改めて再確認されたのである。

 今回のミッチェル・レポートで汚染選手として名が上げられたスター達の中でも、最大の「目玉」が、ロジャー・クレメンスだった。通算354勝(史上8位)、サイ・ヤング賞受賞7回(同最多)と、「野球史に残る名投手」としての実績を誇ってきたが、1998年以降の成績は薬剤でかさ上げされたものである疑いが極めて濃厚となったのである。薬剤使用を暴露したのは、元トレーナー、ブライアン・マクナミーだったが、たとえば'98年のシーズン、6勝6敗防御率3.27と「並み」の成績だったクレメンスが、ステロイドを注射するようになった途端、14勝0敗防御率2.29と、「超人的」投手へと変身したのだから、その効果は絶大だった。

 クレメンスは、'93〜'96年の4年間通算で40勝39敗、当時のレッドソックスGMが「黄昏族」と酷評したように、全盛期はとうに終わった投手とみなされていた。それがFAとしてブルージェイズに移った'97年以後奇跡的復活を遂げ、サイ・ヤング賞を4回受賞するなど年齢不相応の活躍を続けただけに、薬剤使用の噂は絶えなかった。しかも、同僚のアンディ・ペティートが今回のマクナミー証言を全面的に肯定、すでにファンへの謝罪声明を発表しているとあって、「ミッチェル・レポートはでたらめ」とするクレメンスの主張を信ずる向きは少ない。メジャーでは、'80年代末以降の約20年は「ステロイド時代」と呼ばれるようになっているが、クレメンスは、バルコ社スキャンダルに絡む偽証罪で裁判中のバリー・ボンズと並んで、投打の二大スターとしてこの時代を象徴する存在となったのである。

 ところで、今回のミッチェル・レポートでステロイド時代の「膿が出きった」とするのは早計だろう。というのも、今回の調査は、主として、元メッツ職員、カーク・ラドムスキーによる薬剤供給ルートただ1つを辿っただけのものだからである。違法薬剤のオンライン購入の容易さ、ドミニカ共和国ルートなど他の供給源の存在などを考えた場合、報告書で名指しされた選手よりも、されなかった選手の数の方がはるかに多いと想定されるのである。

 また、ミッチェルは、第三者機関によるドーピング検査の実施、MLB機構内でのドーピング専門調査部門の新設など、いくつかの解決策を勧告しているものの、勧告通り実施される保証はない。たとえば、勧告策を実現するためには選手会との労使協定見直しが前提となるが、その交渉は難航が予想されている。さらに、MLBの対応は手ぬるいと常々批判してきた米議会はすでにこの問題についての公聴会開催を決定、クレメンス等の証人喚問も検討されているが、ミッチェル勧告の内容以上の厳しい対応を迫られる可能性が取りざたされている。ステロイド時代を終わらせるための努力が始まっているのは確かだが、どういう終わらせ方をするのか、その道筋についてはまだ何も決まっていないのである。

関連キーワード
ロジャー・クレメンス
ミッチェル・レポート
ステロイド

ページトップ