SCORE CARDBACK NUMBER

周りの人々を笑顔にする、
ミルズの前向きな気持ち。
~豪州先住民族出身のNBA選手~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/04/02 08:00

周りの人々を笑顔にする、ミルズの前向きな気持ち。~豪州先住民族出身のNBA選手~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

ミルズは北京五輪でオーストラリア代表に選ばれた。先住民族出身としては3人目だった

「しかめっ面をひっくり返そう」という英語表現がある。怒ったり悲しんでいるときの逆八の字になった眉毛を正八の字に、への字の口を上向きにして笑顔になろう、という意味だ。ポートランド・トレイルブレイザーズの控えポイントガード、パトリック・ミルズはこの言葉がモットーなのだという。

 試合中のミルズを見ていると、彼のエネルギッシュなオーラは確かに周りの人たちを笑顔にしている。ベンチにいる時は味方の好プレーにタオルを振り、タイムアウトになると真っ先に立ち上がってチームメイトを出迎える。試合に出れば小柄ながらスピード溢れるプレーで、試合の流れを呼び寄せる。

 流れを呼び寄せるのは試合だけではない。開幕以来、ブレイザーズにはトレードの噂や故障など問題が相次いだが、それでもプレーオフ圏内に留まり、雰囲気がよく、応援したくなるチームでいられるのはミルズがいるからなのだと、チームメイトたちは口々に言う。

母国オーストラリアの震災にも前向きに立ち向かうミルズ。

 プロ2年目で、今季のロースターに残れるかどうかわからなかったミルズがそれほど大きな影響を与えているのはなぜなのだろうか。理由は彼の前向きな性格にあるようだ。明るく周囲を盛り上げ、チームメイト全員といい関係を築いているので、彼を中心に全体がまとまっているのだという。

「パティがいなかったら今の僕たちはありえない」とチームメイトの一人が言うと、別の者も「物事が思うように行かなかったときでも彼はいつも笑顔で、それがまわりを明るくしている」と称える。

 笑顔の裏に悩みや苦しみがないわけではない。昨年12月から母国オーストラリアで洪水とサイクロンの被害が続き、親戚が家を失った。海を越えた異国で何もできないもどかしさを感じながら、自分ができることからやろうと、大学時代の友人とともに救済募金のためのTシャツを作った。胸にはオーストラリアに生息するエミューとカンガルー、そして地球が描かれている。

「カンガルーとエミューは、動物の中で唯一後ろ向きに歩けない」とミルズは説明する。「すでに起こったことは変えられない。後ろを振りむくのではなく、前に進んで解決していこう。そういう気持ちのシンボルなんだ」

■関連コラム► ニックス入りした2人の故郷に対する熱き想い。~アンソニーとビラップス~
► 23年間、ジャズ一筋を貫いた名将の去り際。~NBA史上最長監督スローン~

関連キーワード
パトリック・ミルズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
NBA

ページトップ