スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

モウリーニョと春の逆襲計画。
~希代の勝負師が抱く2つの野望~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/03/28 10:30

モウリーニョと春の逆襲計画。~希代の勝負師が抱く2つの野望~<Number Web> photograph by Getty Images

CL準々決勝は4月5日と13日。トッテナムを順当に蹴散らせば、次は恐らくバルサとの雪辱戦だ

CL制覇のために他のタイトルをすべて捨てる可能性も。

 リーガのレアルは、首位のバルサに勝ち点で5ポイントの差をつけられている(29節終了時点)。シーズン終盤に来て、この差は大きい。仮に4月の直接対決に勝利しても、両者の順位は入れ替わらないからだ。

 となると、希代の勝負師モウリーニョは、リーガを捨て、国王杯を捨てて、チャンピオンズリーグ一本に照準を絞ってくる可能性がある。もちろんもうひとつ、彼の場合は「ホームで9年間無敗」という超絶的なレコードの保持がかかっているのだが、もしチャンピオンズリーグのタイトルを手に入れられるのなら、これさえ捨ててかかる可能性は十分に考えられる。

 さあ、どう出るか。

 モウリーニョのインテルが無敵艦隊バルサを沈めたのは、ちょうど1年前の4月だった。果たして今季の彼は、レアルを率いてどんな作戦を立てるのか。モウリーニョ虎視眈々。勝っても負けても、鳥肌が立つような展開になることを期待しよう。

■関連コラム► 想定外の強固な守備でミラン撃破! トッテナムの快進撃はどこまで続く?
► 本当に92億円の価値はないのか? レアルの「カカ不要論」を検証する。

<< BACK 1 2 NEXT >>
2/2ページ
関連キーワード
ジョゼ・モウリーニョ
レアル・マドリー
バルセロナ

ページトップ