F1ピットストップBACK NUMBER

F1開幕戦を控えた最終テストにて。
バルセロナで火花散らせる情報戦! 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/03/25 10:30

F1開幕戦を控えた最終テストにて。バルセロナで火花散らせる情報戦!<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

開発が思うように進まず、開幕直前になってもまったく評価を得ていなかったマクラーレンの最新マシンMP4-26。マクラーレンらしく、シーズン途中からでも大幅バージョンアップして速くなるのかどうか?

 3月8日からスタートした、F1最終合同テスト。

 会場となったバルセロナ郊外にあるカタロニア・サーキットの空気は張り詰めていた。

 本来であれば、バーレーンで開幕戦の準備をしていたはずの彼らにとって、バルセロナでのこのテストは3月25日から始まるオーストラリアGPへ向けた最終調整となる。しかし、開幕はまだ2週間先。手の内をライバルに探られたくないトップチームは、予防線を張りながらの調整をしていたからである。

 例えば、レッドブル。

 2月のウインターテストでもっとも多い5回のトップタイムを記録したディフェンディングチャンピオンは、その時の最終日のテストでレースシミュレーションを行わずにサーキットを後にした。トラブルを一度も引き起こさなかったにもかかわらず。

 この最終合同テストでは、ライバルがレースシミュレーションを開始すると、その前後に自分たちもロングランで併走。自分たちの実力を徹底的に隠して、ライバル勢の実力を監視するという諜報戦に徹していた。

フルレースシミュレーションでフェラーリは4回もピットイン!!

 そのレッドブルの目の前で3日目と4日目にマッサとアロンソがともにフルレースシミュレーションを完遂したフェラーリもまた、興味深い方法でライバル勢の目を欺いていた。

 2人とも、レースシミュレーションでピットインした回数はなんと4回。つまり、5セットものタイヤを使用したのである。

 現在のF1はレギュレーションで2種類あるタイヤをどちらも最低1回レースで装着しなければならないことになっている(ウエットタイヤを履いた場合は除く)。さらに予選とレースで使用できるタイヤの本数は硬い側のプライムが3セット、軟らかい側のオプションが3セットの合計6セット。つまり、4回ストップしたということは、3セット+2セットでレースを走りきったこととなる。

 予選でトップ10内スタートするであろうフェラーリの場合は、スタート時に軟らかい側のソフトを装着していたことは想像できるが、その先はラップタイムを見ても、なかなか戦術が解読できないのである。

【次ページ】 奇妙なタイヤ交換でライバルの目を欺いたフェラーリ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ

ページトップ